僕たちはもっと高橋陽一先生を尊敬すべきなのかもしれない

サッカー/フットサルsoccer

高橋陽一先生といえば、僕らサッカーっ子にとっての聖書(バイブル)『キャプテン翼』の生みの親です。でも、このところその高橋先生が軽んじられているような気がしてならないのです。これはイカン!と想い、筆をとる(キーボードを叩く)次第なのです。

高橋陽一先生はこんなだけど…

高橋陽一先生といえば、キャプテン翼。でも、それ以外はといえば…謎です。

Wikiによれば(というか周知の事実ですが)

  • キャプテン翼以外の漫画では泣かず飛ばず(むしろ酷い)
  • キャプテン翼も、冷静に読むとサッカーしてない(むしろ人間技でもない)
  • 南葛シューターズ(芸能人女子フットサルチーム)の監督
  • 世界中のサッカー著名人・団体から引っ張りだこ

という、落差の激しい御仁です。最近は『フットサルマガジン Pivo!』の表紙を毎号描かれていますが、あまりに書き分けができていないというか、もはやノーコメントな感じなのでお察しくださいという状況です。

そんなわけで昨今の漫画家としての高橋先生は、あまり尊敬されない方向にあります。詳しくは末尾のリンク先が詳しいですので、ご参考までに。

ですが!高橋先生はもっと尊敬されてしかるべきです。それは…

世界のジダンから、トッティからサインをねだられる男…高橋陽一

サッカー界を代表するプレイヤーであるジダンやトッティらがキャプテン翼を見てサッカーにのめりこんでいったのは有名な話です。もちろん日本のJリーグ世代もキャプテン翼がなければ存在しなかった可能性だってあります。

そんな高橋先生ですから、当然ジダンやトッティからサインをねだられます(どこかの雑誌で実際に彼ら所有のキャプ翼単行本にサインをしていました)。

そこで考えるわけですね。この世界で、ジダンやトッティらにサインを要求される男が何人いるだろうか…と。下手したら高橋先生しか存在しないのではないか!?とまで思ってしまいます。

ということで、世界のサッカー界ヒエラルキーで頂点に近い位置まで登りつめている高橋先生を、僕らはもっと敬うべきなのではないでしょうか。JFAよりも先生が頼んだほうが、海外監督の招聘なんかもうまく運んだりしてね…。

リンク集

キャプテン翼 COMPLETE DVD-BOX 1〈小学生編・前編〉
ハピネット (2006-04-28)
売り上げランキング: 10459
おすすめ度の平均: 4.5

5 ここから始まる…
5 原作と読み合わせて
4 この作品が、日本のサッカーレベルを上げた

30歳終了記念エントリマラソン中。

いまのところ、エントリ一覧は以下の通り。