7大アレルゲン除去ケーキも扱う「パティスリークーラクー」@与野

おいしいものだけ紹介します(食全般), さいたま市(大宮/浦和など)の記事ケーキ, スイーツ, 与野

再開発に伴い、次々と新店がオープンしているさいたま新都心駅東口〜与野駅東口の通りに、またニューカーマーが登場しました。都内の有名ホテルなどで修行を積んだというオーナーによるケーキ店「パティスリークーラクー(Patisserie Coeur a Coeur)」です。なんと7大アレルゲン除去のケーキを取り扱っており、これはアレルギーに悩むご家庭には強い味方になるのでは。

ロイホ与野店の隣に2019年12月オープン

こちらパティスリークーラクーは、大宮駅東口〜埼玉新都心駅東口〜与野駅東口などをつなぐ県道164号線沿い、ちょうどロイヤルホスト与野店のすぐ隣に、2019年12月にオープンしました。前は洋食屋さんだった気がします。

シェフは都内の東京ドームホテルなどで修行をした方だそう。夫婦で経営されているということで、奥さんが管理栄養士なのでしょうか?アレルゲン除去ケーキにも対応していることが売りになっているようです。ちなみに「クーラクー」というのは「心と心」という意味のフランス後だそうです。

お店の奥には4台ぶんの駐車場もあり、車でのアクセスも良さそう。場所としては新都心駅と与野駅のちょうど中間なので、徒歩の場合はどちらからでも大きくは変わらなさそう。

お店の入り口には段差があるのですが、実はドアを開けたところにももう1段段差があります。これはドアを開けショーケースに目がいった状態だとひっかかる可能性があるので、ご注意ください。

主なケーキをご紹介!アレルゲン除去ケーキあり

この日のケーキは10種類弱。主なケーキを紹介しておきますと

スタンダードな「苺のショートケーキ(420円)」。

スペシャリテにあたる「紅まどんなのレアチーズケーキ(550円)」。

こちらは「和栗のモンブラン(540円)」。

そしてこちら、お店の名前を冠にしたオリジナルケーキ「クーラクー(450円)」です。なんと7大アレルゲンを除去し、スポンジは米粉&ココア、クリームは豆乳という、アレルギーに悩まれているご家庭にはものすごくよいのでは、というものです。

主立ったケーキを試してみました!

ということで、いくつかを購入して試してみましたので以下ご紹介します。

苺のショートケーキ

とてもスタンダードなショートケーキです。甘すぎず、こってりもしすぎず。スポンジ間にいちごもはさまっていて、子供が喜ぶタイプですね。

紅まどんなのレアチーズケーキ

ブランドみかんの「紅まどんな」を使ったレアチーズケーキ。これは文句無しにおいしい。紅まどんなの酸味と甘みがほどよくチーズとまっちして、一瞬で食べてしまいたくなるくらいの後引き感です。これはスペシャリテだ。

クーラクー

そして気になる7大アレルゲン除去のクーラクー(450円)。ちなみに7大アレルゲンというのは「卵」「乳」「小麦」「えび」「かに」「落花生」「そば」になるそうです。ケーキでいえば、卵、乳、小麦を使わないのがだいぶ信じられませんが、こうして存在しているから素晴らしいですね。

気になる味ですが、ちょっとびっくりするくらいに普通のケーキです。豆乳をつかっているのであっさり目の味ではありますが、しっとりさもありますし、率直にこれは凄いなと。アレルギー対応ケーキによくある、あの物足りなさをゼロとはいいませんが、だいぶ感じません。現実解としてこれは有りなのでは。

シューパリゴー

シューパリゴーはなんと250円という安さ。しかし!これはうまい!皮のパリパリ感とクリームのなめらかさが絶妙で、これはこの値段で良いのかな?というびっくりな商品です。昨今、コンビニスイーツがだいぶ進化しまして、特にシュークリームはだいぶおいしいものが出てきておりますが、これは値段・味ともにそのあたりへと対向できる、すごい商品だと感じました。今後人気が出そうです。

のりおのまとめ

全てのケーキを食べたわけではないのであれですが、いまのところレアチーズケーキとシューパリゴーがイチオシですかね。まだオープンして間もないので、しばらくして需要なんかに合わせてきた姿をまた見てみたいですね。再訪します。

パティスリークーラクー

住所:埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-7-6
電話:048-767-6764
営業時間:10時〜18時半
定休日:水曜日

パティスリークーラクー – Google マップ

 

広告