立ち呑みビアジオ 浦和ガード下の定番になっていくであろう、ちょうどいいお店

おいしいものだけ紹介します(食全般), さいたま市(大宮/浦和など)の記事お酒, 浦和, 立ち飲み

biaggiourawa

立ち呑みには「ちょうどよい」を求めているのりおです。

浦和にあって大宮に無いもののひとつが、魅力的なガード下です。そのガード下に、覚えておいて損はなさそうなお店がオープンしました。立ち呑みビアジオは、大変に「ちょうどいい」お店でした。いや、正確には串の大きさだけ「ちょうどいい」を超えてましたが。

旨くて安くてサッと立ち寄れるちょうど良さ

立ち飲み居酒屋の良いところといえば、旨くて、安くて、サッサッと立ち寄って次の日に影響を与えないで楽しむ、くらいの使い方ができることだと思っています。だから大事なのは「ちょうどいい」感だっていうのが個人的な印象です。

その点から行くと、この立ち呑みビアジオはまったくもって「ちょうどいい」。まず値段がいい。

見てください、この安さ。名物みそ煮込み串は、ものすごいコスパなんですよ…。

立ち飲み ビアジオ

これだけ安いのに、この量ですよ。

はい、どん。

立ち飲み ビアジオ

↑はハラミ串(160円)×2本ですが、1人1本じゃなく、2人で1本で良かったね…と後悔するくらいに大きいです。なにより、味噌が染みてて、ぷるっぷるで…うんまい。

立ち飲み ビアジオ

玉子(100円)にタマネギ(150円)。タマネギって味噌で煮込むと旨いんだなあという発見。

立ち飲み ビアジオ

レバテキ(400円)。すみませんがこれのみ1人前か2人前か忘れました。ただ、この分厚さですよ。

食べ物が安いときってドリンク高いんでしょ?と思われがちですが、これもまたそうでなく、ちょうどいい。

立ち飲み ビアジオ

安すぎると本当に「安酒」になるので体がつらくなるんですよ。そう考えると、これくらいでいいんです。

ちなみにこちらも浦和の立ち飲みの名店「モルガン」と姉妹店になります。その時点で、浦和の飲兵衛にとっては「そりゃ間違い無いよな」あって感じになりますよね。ネタフルの人を見ていたらそんな感じでした。

立ち飲み ビアジオ

こちら味噌煮込まれている鍋。カウンターから丸見えですので、見てピーンと来たものを頼むのがいいですね。当然ですが売り切れ御免です。

広告

謎の「カレーうどん」は必ず頼むべし

さて改めてビアジオのメニューを見ますと、どう考えても違和感のあるものがひとつだけ。

立ち飲み ビアジオ

「煮込みカレーうどん」???

この流れで「味噌煮込みうどん」じゃないってどういうこと???

と思って頼みました。

立ち飲み ビアジオ

おお、見事なカレーうどん。濃厚そうでいいなあと。でも、なんでカレーうどん??

と思って箸を入れると…あれ?何か…沈んで…重い…えっ?

立ち飲み ビアジオ

え?えっ???

実はこのカレーうどん、正体は「煮込みカレー(丼)うどん」なのでした。なんだそれは(笑

これがけっこう本格派で、なんならこのカレーうどんだけ食べて帰るっていう、ディナー的な使い方もできそうなくらいの一品でした。ぶっちゃけ、最後の最後に食べるには量が多いので、2〜3人で分けると良いかもしれません!

のりおのまとめ

ちょうどいい感じの立ち呑みビアジオは、盛りが良いので2〜3串とドリンク1杯くらいで帰るのに最適なお店。もちろん小腹が空いたらカレーうどん。うーん、いいね、すごくいい。これから人気出るんだろうな。

浦和のこういうお店があるところ、本当に羨ましい。場所は西口からガード沿いをしばらく行ったところです。駅からは5分くらい。

余談ですが、店名には深い意味が無いそうです。むしろそれが面白いよ!

 

立ち呑みビアジオ

埼玉県さいたま市浦和区仲町1-8-6

立ち呑み ビアジオ – Google マップ