[TIPS]EOS M3でRAW+JPG記録にしたとき、JPGがLightroomで読み込めない人向けの対策

CANON EOS M3, Lightroom現像テクアドビ

EOS M3 先行モニター 作例

モニターからの流れで購入したEOS M3。早速桜を撮影しようと思い、記録設定をRAW+JPGにしておいたところ、LightroomでJPGを読み込めない現象に遭遇したので、対応策を記録しておきます。

なぜRAW+JPGにしたのか

そもそもEOS Mシリーズは、1枚のSDカードに対してRAW+JPGを同時保存することができます(ちなみにJPGはLしか選べません)。

僕は基本的に、メインカメラの5D3ではRAWとJPG(S)を生成しているので、今回もなるべくそれに近い環境にしておきたいと考えていました。これは、まだLightroomでM3のRAWが扱えないことの保険としてのJPGであり、またSNSへのシェアに即しているJPG、などの理由があってです。

ちなみに5D3ではRAWをCFカードに、とJPG(S)をeyefiカードに記録しています。詳しくはこちらに書いております。

ダブルスロットカメラにおける、ひとつの究極のeyefi利用法を見つけた | エアロプレイン
https://airoplane.net/2014/08/28/eyefi-convenience-trip.html

そんなわけで、僕にとってRAWとJPGの同時記録はなかなかに重要なのです。

Sakura at Omiya park by EOS M3

ところが、このJPGがLightroomからは読めないという現象に遭遇しました。なぜだ!

 

RAWがあることでJPGが読めなくなる?

Sakura at Omiya park by EOS M3

この1件、どうやらLightroom側でRAWとJPGが同時に存在したときの判断の設定に原因があるよう。

つまり、設定で解消できたってことです。

編集→環境設定→一般タブ読み込みオプション JPEG ファイルを別の写真として処理する」のチェックを入れる →改善

【解決事例】Lightroom 5「RAW+JPEGの両方を読み込みたい」 | Adobe Community
https://forums.adobe.com/thread/1572969

つまり、初期設定だとRAW+JPGが存在していたとき、同一写真(つまりRAWしか存在しない)と理解していたってことですね。

なんという罠だろうか…。

ということで、まだEOS M3のRAWに対応してないLightroomですが、RAW+JPG同時保存にしているときはこの設定にご注意ください。

 

のりおのまとめ

EOS M3に対応するアップデートをお待ちしております!

 

Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版
B00DAOTQJE