サンクスで11月20日と22日にだけしか並ばないプレミアムプリンがある!

おいしいものだけ紹介します(食全般)スイーツ, 生活

23 Shares

IMG_1391-3.jpg

ヨーグルト好きなのりおです。でもプリンもかなり好きです。どちらもコンビニの新商品はなるべく買って食べるようにしています。

さて、そんなコンビニ売りのプリンに、昨日と明日、つまり11月20日と22日にしか発売されないスーパーレアなプレミアム商品があるのをご存じでしょうか。その名も、窯出しプレミアムプリン。サンクスのシェリエドルチェシリーズです。

サンクスといえば窯出しプリン

少し前まで、僕にとってのサンクスは、とくに何の変哲も無い、いやむしろあまりメリットの無いコンビニでした。セブンのようにお弁当がおいしいわけでもなく、ファミマのようにパスタがおいしいでもなく、またローソンのようにロールケーキがあるでもなく、ミニストップのようにソフトクリームもない。あれ、サンクスの売りってなんだっけ?と思っていた時が僕にもありました。

しかし近年は違います。そのイメージを打ち破った商品と言えば、サンクスのオリジナルデザートライン「シェリエドルチェ」の窯出しとろけるプリンです。

窯出しとろけるプリン|シェリエドルチェ|WAKUWAKUタウン|サークルKサンクス

このプリン、価格が120円とお手頃にもかかわらず、とにかくうまいのです。とろっとなめらかな舌触り、しかし濃く安っぽくない質感で、玉子の風味もまあまあ。とても120円には思えないスーパーハイコストパフォーマンスプリンの称号を与えてもなんら恥ずかしくない、そんな素晴らしい逸品だったのです。

そこからですよ、サンクスのイメージが変わったのは。シェリエドルチェへの信頼度が急激に高まりまして、例えば最近であれば窯出しとろけるチーズケーキがスマッシュヒットを飛ばしたばかりでした。

そんなシェリエドルチェシリーズが、7月にたった1日、たった1回だけ販売したのが、この窯出しプレミアムプリンなのです。お値段は230円。ハイコストパフォーマンスのシリーズにおいては、かなりのチャレンジングな価格。しかし!だからこそ期待が高まるってものじゃあありませんか。

しかし残念ながら、僕は逃してしまっていたのです。その7月の吉日を。

それから4カ月。ついに、やつが帰ってきました。

窯出しプレミアムプリンとの戦い

プリン2個を確保した僕は、家でさっそく試食にはいりました。

IMG_1405-5.jpg
パッケージからして光沢ある素材をつかっており、高級感が漂います。

 

開封してまず感じるのは、たまごの香り。あきらかに濃厚であることを知らせるフレーバーが漂います。リリースにあった

北海道産の生乳を使用した純生クリーム配合によるクリーミーな食感と、加糖卵黄をたっぷり使用した濃厚な味わいの両方を実現し、専門店のような本格的な味わいをお楽しみいただけます。
窯出しプレミアムプリンのニュースリリース(PDF)

は伊達じゃなさそうです。

さあ、実食。

IMG_1407-6.jpg

これは…濃い!ノーマルなとろけるプリンでも十分濃かったのに、その上をいく濃さです。プルンプルンではないぶんしっかりしたボディを感じます。とろける、とはいきませんが、トロリとドロリの中間な舌触りで、とてもよい食感。そしてとにかく味が良い。某楽天でお取り寄せした500円くらいの某有名店なプリンに匹敵するかもしれません。230円でここまでリッチな味って作れるんだなあと感心します。しかも販売はたった2日だけでしょ?パッケージなどを用意する手間を考えたら、230円ってかなり挑戦的な値段に思えてきますね。妻もこれで230円なら安いと太鼓判でした。

しかしこれはいいな。そこらへんの洋菓子店が泣きますよ、これは。だからこその限定販売なのかもしれませんが、これはプリン好きなら食べておいた方がいいでしょう。

少しだけ残念な点があるとしたら、カルメラの量が少なかったことと、この濃さならもう少しビターにして欲しかったなあというところでしょうか。まあ、贅沢な要望ではありますね。

ということで

レギュラー商品になったら毎回230円ってのは手が出しにくいと思いますが、半年や季節に1回なら、これは食べたいと思える味。むしろ、がんばってレギュラー商品180円とかにならないですかね。とにかくコンビニプリンの最高峰として、定期的に食べたいなあと思いました。もちろん普段は120円の窯出しとろけるプリンでよろしく!

Cherie Dolce ~シェリエドルチェ~|WAKUWAKUタウン|サークルKサンクス
窯出しプレミアムプリンのニュースリリース(PDF)