夏のカナダでオーロラ!のイベントで教えてもらったオーロラの撮影方法

2013/04/30イベントレポート, 写真のための記事, 旅に関する記事, 様々なテクニックAMN, レポート

canada Aurora

前エントリ「オーロラと一面の紅葉と夏。全てを同時に楽しめるのが、夏のカナダだった | エアロプレイン」のカナダ観光局さんイベントにてオーロラ撮影のポイントを教えていただいたので、別途まとめておきたいと思います。

なお本エントリの写真はすべてカナダ観光局さん提供のものです。

カメラについて

canada Aurora

絶対の必須条件は、バルブ撮影など、長時間シャッターを開けた撮影が可能なカメラを準備することです。花火モードのついているコンデジでもかまわないとか。つまり花火の撮影にかなり近いってことですね。ISOの値が800以上でなおかつノイズの少ないものがなお良いそうです。

注意点としては、寒さのためにバッテリーの消費が激しいこともあるため、予備があるのが望ましいとのこと。ただ、夏に見に行くのであればあまり気にしなくても良さそうですね。

個人的には、せっかくだからフルサイズのカメラで行ってほしいところです。

CANON デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III 約2230万画素フルサイズ DIGIC 5+(プラス) 3.2型ワイド液晶モニター EOS5DMK3
B007G3SSP8

広告

レンズについて

canada Aurora

当然ながら広角レンズがもとめられます。観光局の方は16mmや24mmなどが良いとおっしゃってました。もちろん魚眼も。確かに引きの画がとれないと、オーロラとしての迫力が出せないかも。またオーロラは動きが速いため、なるべくシャッター速度を稼げる明るいレンズ(できればF値が3.5以下)をオススメするとのことでした。

Canon EFレンズ EF16-35mm F2.8L II USM ズームレンズ 広角
B000NSHPG6

これか、これなのか…。

オーロラの動きはこちらから(3:00くらいからどうぞ)。確かに激しい…!

 

その他装備について

canada Aurora

三脚は必須ですね。クイックシューが付いていればカメラを保温できるためおすすめだとか。またレリーズもあればなお良いのですが、こちらもタイマーで代用できるのでなんとかなりそう(ただしタイマーはピピピピうるさい)。

Velbon 三脚 ULTRA MAXi L MAXiL
B000WM91Q0

三脚はベルボンをオススメします。軽くて丈夫。

本来であれば凍結などもきにしなければいけないと思うのですが、夏のカナダは日本の初春の気候といいますから、まず気にする必要は無いでしょう。夏のカナダでのオーロラは、撮影の難易度をも大きく下げてくれるのが嬉しいですね!

なんてまとめてたらカナダ行きたくなってきたよ…。夏のカナダ、いいね。

スマホ向けカメラセミナー開催のお知らせ

筆者が大宮にてスマホ向けのカメラセミナーを初開催することになりました。いままで全国で開催しており、好評を得ております内容を、よりパワーアップの予定です。みなさまのご参加をお待ちしております。 --- イベントタイトル「ちょっとしたコツで見違える!スマートフォンのカメラで子供をかわいく撮影しよう セミナー」 開催日時:9月1日(日) 10時〜12時 開催場所:さいたま市大宮の「貸し会議室 6F」(コワーキングスペース 7F内 ) 住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階 地図:https://office6f.com/map/ 費用:通常チケット 3,000円 (早期割引、7F会員割引、2人ペア割引きあり) 【9/1開催】ちょっとしたコツで見違える!スマートフォンのカメラで子供をかわいく撮影しよう セミナー | Peatix