Home // 旅行記事 // 東京近郊 // 東京の離島 (page 2)

東京の離島

島の農産物にこだわった三宅島のバー リターノ【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして訪れている三宅島。1日目の夜には、島でも話題のバー「リターノ」へと訪問しました。こだわり野菜の食事、三宅島の地酒を生かしたドリンク類、どれもが大変に満足度の高い、安心してオススメできるお店でしたよ。

 

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

Read More »

復活の島「三宅島」を半日で楽しみ尽くす最適解がこれだ!【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

溶岩 三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして訪れている三宅島。2日目のレポートをお届けします。朝9時にレンタカーを借りて、16時に出発する帰りの飛行機「3便」まで…半日でいかに三宅島を楽しみ尽くすか!?ひとつの答えを出しましょう。これを読めば、三宅島を飛行機で離島する日にどう動いたらいいか、だいたいわかる…はず!

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

 

Read More »

全島避難からの復興!三宅島酒造で島生まれの焼酎「雄山一」を飲もう【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターで訪れた三宅島レポートが続きます。

今回の宿「スナッパー」から徒歩5分ほどのところに、島唯一の酒造「三宅島酒造」がありました。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

 

受け継がれてきた「雄山一」という酒

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

こちら三宅島酒造で取り扱っているのが、島唯一の地酒(焼酎)である「雄山一(おやまいち)」。「雄山(おやま)」とは三宅島の中央に位置する山のことで、三宅島のシンボルでもあります。

実はこの雄山一、もともとは三宅島酒造の前身である伊ケ谷酒造が作っていた酒でした。ところが2000年の噴火です。全島避難により、昭和4年創業の伝統ある伊ケ谷酒造も閉じざるをえない状況に陥ってしまいます。

とはいえ、焼酎造りの情熱は消えませんでした。帰島後の2010年、酒造の名前もあらたに「三宅島酒造」とし、改めて、いちから作り始めたのがこのお酒「雄山一」になるわけですね。

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

店内には試飲コーナーもあり、味わいを確かめることができます。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

とても香ばしいタイプの麦焼酎ですね。まったりとした味わいに香ばしい麦の香り。想像以上に個性のある本格焼酎だったので、ちょっと驚きました。聞けば、壱岐焼酎と同じ作り方をしているのだとか。ポイントとしては米麹を使っているところなんだとか。

 

三宅島の酒とお墓の関係

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

中央の雄山一は避難前の伊ケ谷酒造時代のもの。その右後ろにある甕は、雄山一の入ったかなり古い甕酒だそう。

 

さて、こちらのお店でおかみさんに興味深い話を聞いたので、そちらを載せてこの記事のしめにしましょう。

まだ土葬が行われていた時代。三宅島ではお葬式の時、焼酎をつめた甕もいっしょに埋めるという風習があったそうです。そうすると、ちょうど次の世代が亡くなる頃、再び墓が掘られるため、同時にその甕が掘り出されることになります。もちろん30年くらい埋まっていた焼酎ですから、大変においしいのだそう。お葬式はおいしいお酒が飲めるお祭りということで、地域の人々が集まって楽しむイベントになっていた、ということなのです。

僕も曾祖母が土葬の地域でお葬式をあげたのでなんとなくわかるんですが、土葬のお葬式ってお祭りに近い感じなんですよね。御神輿の代わりに棺を担いで練り歩いたり。もちろんセレモニーの後は遺影の前で親戚一同集まっての飲み会です。

 

そう考えると、この三宅島の風習もすごく納得できるというか、いい楽しみ方だなあと思ったのでした。島の人にとって、甕仕込みのお酒ってとっても神聖で大切なものだったんでしょうね。

ちなみに三宅島酒造でも数年寝かせた熟成酒を売っています。

 

三宅島 取材 #tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter

それがこちら。熟成タイプの「ご褒美焼酎 雄山一」です。少量生産のため、島外で買うのは至難の業だそう。酒造から直接通販が買いやすそうです。昔の風習なんかを思い浮かべて飲むと、また違った味わいを感じることができそうですね。

 

エアロプレイン雑感

島に酒造があるって知らなかったので、ちょっと驚きました。しかも壱岐焼酎と同じ、個性バツグンの製法ですからね、これは飲む価値ありますぜ。
全島避難からの復興に関しては、とても熱い想いを感じるのでした。
 

三宅島に関する他のレポートはこちら!

三宅島 に関する記事 | エアロプレイン

 

三宅島酒造

三宅島酒造株式会社|トップページ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

雄山一(25度)
価格:1750円(税込、送料別) (2016/9/22時点)

 

 

三宅島関連リンク

 

 

三宅島観光協会 – Home

 

TOP|tokyo reporter 島旅 & 山旅

 

飛行機で三宅島に飛ぶメリットとは?【PR】 #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #tamashima

調布空港と三宅島を飛行機で #Tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #Reviews_PR

東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして三宅島を取材してきましたが、その際によく聞かれたのが「え、飛行機で行くの?」ということ。

そもそも飛行機で行けることを知らなかった方も多いかと思いますが、せっかくなので船便に比べたメリットなどを調べた限りでまとめておきます。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

Read More »

東京から50分の大冒険。地球と共生する絶景の島「三宅島」に飛行機で行こう! 【PR】 #tokyo #tokyoreporter #tamashima #miyakejima

調布空港と三宅島を飛行機で #Tamashima #miyakejima #tokyo #tokyoreporter #Reviews_PR

 

昨年に引き続き、今年も東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして活動させていただけることになりました。

今回僕が向かった先は、地球と暮らす絶景の島、三宅島です。東京から最短50分で到着できるこの「遠くて近い島」で見て聞いて体感したものは、日本人にとって避けては通れない様々なものを教えてくれる貴重な時間となりました。もちろん離島ならではの絶景も。そんな三宅島の魅力を何回かに分けてご紹介します。

まずは都内から最短で到着できる「飛行機」を使って三宅島へ向かいます。えっ、東京から飛行機で行けるの?って思いますよ。そうなんです、行けるんです。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

 

Read More »