Home // 製品/サービスレビュー // twitter // アンフォローじゃなくブロックで、というTwitter文化があるらしい

アンフォローじゃなくブロックで、というTwitter文化があるらしい


完全に聞いた話なので、冗談半分で(でもほんとらしいけど)。

Twitterは想像以上に高校生~大学生に受け入れられているわけですが、そこでは「フォローを外すならブロックで!」という文化があるようです。



スポンサードリンク

なんでブロック?

思いますよね「なんでアンフォローじゃなくてブロックなの?」って。

気が合わなくなってきたり、自分のTLへの表示を止めたかったりする時、自分が切ったことを気づかれないように、相手が被フォロー数の減少に悲しい思いをしないように、ブロックでそっと縁を切る…。

…だったら美しいのですが、現実には「アンフォローでなくブロックでお願いします!」と自分から表示するケースがけっこう多いみたいですね。

 

これを相手に気がつかれないようそっと消えるための奥ゆかしさと見るか、はたまた新しい文化の醸造と見るか。

 

(以下追記)

↑こうだと思っていたんですが、どうやら違うとのこと。

実のところ、ブロックするのは相互フォローを一気に解除するための目的が多いようです。ブロックしてブロック解除すると、相手が自分にしたフォローがはずれます。これを利用して、相手のフォローを外すわけですね。自分のフォローも外せば見事に相互フォローの解消です。なるほどー。勉強になりました。

(追記ここまで)

 

ちなみに「inurl:twitter.com アンフォロー ブロック お願い」で検索するとこんな感じ。

inurl:twitter.com アンフォロー ブロック お願い

複雑ですね。でも面白い。ある程度の人数に聞いてみて本当のところはどうなのか、検証してみたいなあ。

 

「つながり」を武器にする! ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方 (Nanaブックス)
4904899210




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA