驚くべき静粛性。僕らはズッとHHKB Professional Type-S

製品/サービスレビューPFU,キーボード,モニター

大学時代から、キーボードといえばHHKBひとすじ。雨の日も、風の日も、天気には関係無くインドアでキーボードを叩く日々。いままでどれだけのHHKBを打鍵してきたことでしょうか。

変色してしまった初代から各種所有しております。

そんな僕のPCライフとは切っても切れない関係のHHKBことPFUのHappy Hacking KeyBoardから、新型が発表されました。いまでは当たり前になりつつあるBluetooth接続できるこの新型、驚くべき静粛性を兼ね備えながらも、いままでのHHKBを凌駕する打鍵感ということで、PFUさんより試用品を提供していただいて、試してみました。

Type-Sは伊達じゃない!恐ろしい静粛性

ということで、新型です。今回提供いただいた新製品は「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」というだいぶ長い名前ですが、ざっくり説明しますと

・HHKB特有のキー配列、打鍵感の良さはそのままに
・当然ながらのBluetooth接続が、複数台のPC/キーボード接続も可能に
・しかもキーマップ変更機能付き(対応OSに制限あり)
・さらにはType-Sが示すように、HHKBとは思えない静粛性

という、いままでのHHKBでは手が届かなかった場所にも手が届く!かゆくない!という至れり尽くせりな仕様なのです。

個人的にとても良いなあと思ったのは、まず静粛性です。いままでライティングに熱が入ってくると、マシンガンのような打鍵音がちょっと申し訳ないような気がしたりしなかたりだったんですが、このType-Sは本当に静かです。静電容量無接点方式が、今まで以上に心地よいストロークと静粛性を実現しているようですね。「ッターン」の響きこそ出せませんが、会社などで使う場合にはとても良い感じです。

 

複数のHHKBを1台のPCに同時接続!!!

さらにはBluetoothとUSB Type-C接続に対応するほか、デバイスを事前に4台までの機器とペアリングしておき、ワンタッチで切り替えることができる機能付き。そしてそれに付随してか、複数のHHKBを1台のPCに同時接続できるという、夢のような機能がそなわっています。

これ、どういうことかといえば、机の好きな場所にすきなだけHHKBをおいて、好きな体勢で打鍵していいってことですよ。左右違うHHKBを打ってもいいし、ディスプレイごとにHHKBを設置してもよし。ちなみにShiftキーなどはキーボードをまたいで押せないみたいですので、そこだけ注意です(キーボード1のShiftとキーボード2の一般キーを同時には押せない)。

MacBookで使う時に便利なキーボードブリッジ

さて、そんなHHKBですが、MacBook系と使う際には、キーボードの上にHHKBを乗せるための「キーボードブリッジ」を導入するのがすこぶる快適です。こちら、バード電子さんから発売されていますので、HHKB×MacBookな方はまず間違いなく購入しましょう。

僕も家と職場で2枚持っています。これがあると、HHKBの力を最大まで引き出せるんですよね。オススメです。

とはいえ…物理矢印キーが必要な時もあるよね

ちなみにですが、仕事的にエクセル作業が多いときなんかは、矢印キーが恋しくなりますよね。

そんな時はHHKB Lite2 なんかがおすすめです。実は会社ではこっちを使うことも多いです。PFUさんには、ぜひこいつのType−Sを出して欲しい…!お願いします!

なおBluetooth接続タイプは当然ながら電池駆動式ですから、緊急時用にこういったUSBタイプのHHKBを所有しておくのはとても重要。ぜひ、HHKBは複数台を所持して、用途に応じて使い分けるみたいなことも試してみてください!!!

のりおのまとめ

とにかくはかどる。入力スピードが劇的に上がる。特にMacBook系のいけてないキーボードとは雲泥の差!ということで、MacBookを利用している方には特にオススメしますよ!

なお種類としては日本語キーボードの刻印有無、英語キーボードの刻印有無、そして白か黒かといういうことで選べますので、ぜひ悩んで決めて下さい!

 

HHKB Professional Type-S

型番 PD-KB800BS
商品名 Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨
販売価格 \32,000 (税抜)
(税込価格:\35,200)

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨|PFUダイレクト