【AD】目に優しいBenQのアイケアモニター GW2480Tが子供向けに買いやすい

製品/サービスレビューBenQ, 記事広告

GW2480T
4歳の子供と映像を見る機会が多いのりおです。映像といっても、テレビだけでなくタブレットやスマホで見ることも多々あり、正直子供の視力には良くないんだろうなあ…とずっと思っていました。

今回、BenQの目に優しいアイケアモニター GW2480Tを試す機会をいただいたので、実際に子供に使ってみてもらった感想(といっても4歳ですが…)と、親がどう思ったかという点についてご紹介します!

レビューズモニター参加中

アイケアモニターってなんだ?

20190801-3J7A0188

そもそもアイケアモニター、っていうものは、一体何なのでしょうか。ものすごくシンプルに表現するとすれば、アイケアモニターとは、目をいたわる、目に優しい液晶ディスプレイということが言えそうです。

たとえば自宅のテレビ。液晶テレビですが、アイケア的な機能はとくに存在せず、フリッカーがつねに発生しています。つまり、目は点滅するものをずっと見続けることになり、そのための疲労が知らないうちに蓄積していることでしょう。

ではスマートフォンやタブレットなどの最新表示端末はどうかといえば、テレビと同じくちらつきが発生していて、さらには画面が小さいことや姿勢的な問題、暗い場所でもつい使ってしまうなどの問題も有り、目にとって必ずしも良い環境とは言えなさそうです。事実、我が家の息子はタブレットで動画を見ることを好むのですが、気がつけば近づき過ぎていたり、変な姿勢で見ていたりと、親としては心配が尽きない感じだったりもします。

20190805-3J7A0247

ではBenQのアイケアディスプレイ GW2480Tは、どういった点が目に優しいのでしょうか?例えばフリッカーフリー。上記のとおり、テレビは常に点滅を繰り返しているのですが、そういったちらつきを抑えるフリッカーフリー機能により、目の疲労度が上昇することを抑えることができるようです。

20190801-3J7A0207

また、環境光を観測し、適切な輝度での表示をしてくれる「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)機能(=上記メニュー上は輝度自動調整)」は、外光の入り込むような部屋での利用にとても効きそうです。睡眠の質を下げると言われている「ブルーライト」をカット機能も搭載されていて、つい寝る前にもタブレット動画を見てしまうようなうちの子(しかもなかなか寝ない!)には、地味に威力を発揮するのではないかと思っています。

実は設置調整機能が最も効く気がする

20190801-3J7A0237

さて、そんなGW2480Tですが、とにかく感心したのがディスプレイの調整機能です。まずは高さについて、実に140mmの幅で簡単に調整できます。また左右の首振りであるスウィーベル機能も搭載していて、左右45度の調整が可能です。

 

20190801-3J7A0229

なによりディスプレイ背面には持ち手が付いていて、設置場所の移動が簡単というのも良かったですね。この調整機能により、子供の視聴に対して適切な高さと角度を保つことができました。持ち手のおかげで、使う時だけ居間のテーブルにディスプレイを設置する、という需要に対しても柔軟に対応できました。子供が小さいと、こういう需要ってありますよね。最近では宿題も居間でやることが一般的と聞いていて、そんな時にも威力を発揮しそうです。

親が使ってみても良い感じ

20190801-3J7A0192

今回、主に居間で使う用途として試してみたGW2480Tですが、実際に親が使ってみても良い感じでした。特にNetflixやAmazonPrimeVideoの視聴など、普段テレビで行っていることをこのディスプレイに置きかえてみたのですが、想像以上に表示がやさしく、同時に美しいんです。もちろんテレビと方向性が違うのはわかっているのですが、居間で手軽に、かつ目に優しく動画を表示したいという要望にはばっちり応えてくれました。当然PCのセカンドディスプレイとしての用途にも向いてますので、居間でPC作業するときなんかもいいですよね。

実際に24インチ、16:9のディスプレイでFullHD(1,920×1,080)という解像度はテーブル上で使うのにピッタリ。これ、もともとそういう用途なんじゃないかってくらい、しっくりきてしまいました。もちろん使わないときは持ち手をもって床置きへ。なんとも簡単です。

20190801-3J7A0185

他にもベゼルがスリムとか、スピーカー内蔵で音も出せる(とはいえ個人的には別途スピーカー用意を推奨します)みたいな細かいところも良い感じ。で、なんといっても実売価格が2万円弱ってのが最高ですよね。そんなに安く、こんなに上質なディスプレイが出せちゃうの!?というのが、正直な驚きですよ。

なお、色覚異常に対応する「カラーユニバーサル機能」というものにも感心しました。実際どのような効果があるのかまではわかりませんが、液晶ディスプレイが色覚異常に対応するという観点がなかったので、気づかいの細やかさが好印象でしたね。

のりおのまとめ

20190801-3J7A0182

いまはまだ4歳なので需要はないのですが、プログラミングなどを早い内から体験させたいと思っていて、そんなときにこのディスプレイはとても有用なのではないかと感じました。実際に自分自身もノートPCオンリーだと体も目も悪くなると思っていて、外付けディスプレイを使っています。同じ事が子供にもいえるはずで、このディスプレイは子供の入門用ディスプレイとしても最適なのかもしれません。

GW2480T

BenQ GW2480T | Full HD 目に優しいアイケアモニター

BenQアンバサダー

BenQさんでは、BenQ製品をいちはやく試したり、特別なイベントなどに参加できるBenQアンバサダープログラムというものを実施中です。私も仕事でお手伝いをすることも。ぜひご興味ありましたら、ご参加下さい。

BenQアンバサダープログラム