魚系オススメ駅弁!「ぶりかまステーキ弁当」が圧倒的な味わい!東京駅の「祭」で買おう

おいしいものだけ紹介します(食全般)列車・鉄道, 駅弁

駅弁とはなかなか罪な存在で、価格はあまりかわらないのに、美味しいものとそうでないものが、驚くほどくっきりと分かれてしまいます。特に魚系の駅弁は、その差が肉系のそれよりも大きい気がしています。

そんな魚系駅弁において、僕史上もっとも美味しい駅弁と行ったら、まあ即答で「ぶりかまステーキ弁当」と答えます。それくらいに圧倒的なおいしさの、この駅弁を紹介します。

あの「源」が作る傑作駅弁がこちら

ぶりかまステーキ弁当 源 駅弁

この豪快なパッケージである「ぶりかまステーキ弁当(1,100円)」を作っているのは、あの「ますのすし」で有名な「源」です。この時点で、わかる人にはわかってしまう、ある種の期待感。そう、駅弁はセンスある会社がヒット作を連発することが多いんですよね。こちらの商品も例に漏れず、です。

ぶりかまステーキ弁当 源 駅弁パッケージを開けますと、想像していないビジュアルが飛びこんでくるのも、このお弁当の良いところ。すし飯の上に置かれた大ぶりのブリ3切れに、敷かれるはなんとワカメ。そして付け合わせには酢の物少々と、かけものとしての山椒。たったこれだけのシンプルなお弁当が、本当にそんな驚くほど美味しいの!?と、初めて買った人は思うことでしょう。僕にもそんな時代がありました。

ぶりかまステーキ弁当 源 駅弁ぶりの切り身はふわっふわのとろっとろに煮付けられておりまして、クチの中ではほろりと溶けていきます。それだけでも高級な一品料理のようなおいしさなのに、絶妙な味わいのすし飯と、これまた「食べればわかる」ワカメとのマッチングの妙。この変化球に思えながらも完璧な味わいを、どうやって導き出したのか聞いてみたくて仕方のない商品ですね。

で、ビックリするのはここからです。山椒をサッとかけますと、味変どころか、完璧だった味わいにさらに上があったの!?!?と頭がパニック状態に。うわあ、これは本当に、開発した方すごすぎますよ。意外性含めて100点。100点あげたい。

とにかく「うまい」の一言。知る人ぞしるこのお弁当、もし見つけたならなりふりかわまずに確保してください。

 

のりおのまとめ

肉なら「牛肉どまん中」か「米沢牛炭火焼特上カルビ弁当」の二択。魚ならこの「ぶりかまステーキ弁当」の一択である、とは言い過ぎかな?とも思いつつ、そう思っちゃうから仕方が無い。よく見かけるのは東京駅の駅弁ショップ「祭」ですね。

もしもっともっと美味しいよ!という駅弁をご存じでしたら、ぜひ教えてください!

 

ぶりかまステーキ弁当

ますのすし本舗 源

なぜか源のサイトには載っていないのも不思議です。噂によれば、ぶりかま飯とほぼ同じだとか。