エアロプレイン10年史(3)〜思惑と歴戦のサイトたち

10周年企画airoplane, anniversary

2000年9月9日にはじまったエアロプレインですが、実はサイトを開くに当たって様々なコンセプトを決めていました。

airoplane.net 20010303

こんなコンセプトがありました

1つは1ページになるべく多くのテキストコンテンツを詰め込むこと。イメージとしては電車の中吊り広告ですね。当時のメインコンテンツはニュース、日記、コラムの3種類でしたがそれをTOPページに詰め込んだのです。更新はもちろん全て手作業。テーブルを駆使しまくって、専門知識が無いながらにデザインを行いました。

今になって「当時のわりには工夫していたなー」と思うのは、(画像では見切れていますが)ページ上部にいわゆる「グローバルナビ」を設置していたことと、ファーストビューでニュースがたくさん見えるように配置していたこと、ニュースもタイトル、ひとことコメント、1人突っ込みの3段落ちにするなど、今でいうTwitterライクな更新をすることで更新性を上げたことなどでしょうか。確か1日に平均10回は更新しており、また24時間更新マラソンのようなこともしたことがありました。今考えるとかなり無謀というか、学生だから出来た…みたいな感じですね。

当時といえば更新をチェックするのには WWWCというツールやなつみかんというサービスを利用する必要がありましたが、更新の頻度を高めることでそれらサービスの更新されましたリストの上位に食い込むことがアクセスアップにつながっていました。もしかしたらこれはTwitterに更新情報を流すことに似ているのかもしれません。当然夜中に更新をしても効果が薄いため、昼休みや終業時間を狙うわけです。これって今と同じですね。

広告

歴戦のつわものたち

ところでそのころはニュースサイト戦国時代で、様々なタイプのサイトが存在しました。当時有名で今でも続いているところでは「 Narinari.com」「 tentative name」「 ポケットニュース」「 超もばいる&まるちめでぃあ情報局」「 ほんわかキリン」「 えんにゅ〜す」などがあります。どのサイトも10年以上にわたって第一線で情報を発信し続けていますので、本当に凄いなあと思います。特にNarinari.com(ナリナリドットコム)は大きなサイトになりましたね。

うちもいつかはあれ位の規模にしてみたいなあ(笑

なお当時のリンクはこんな感じでした。

airoplane-200103link

(つづく)

なお、この文章を書くのに当たって以下の文献を参考にしています。

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
ばるぼら
翔泳社
売り上げランキング: 63314
おすすめ度の平均: 5.0

4 個人サイトを運営している者として
5 著者と関心領域の重なる方なら絶対に「買い」
5 歴史は個人史の集合体
5 教科書なのに
5 教科書どころか聖典になりうる