【新生活】ひとり暮らし、これは知っておいて欲しい10点

2009/03/22ライフハックテクニック, ライフハック, 生活

IMG_6669

4月からひとり暮らしをはじめる人のために、これはアドバイスしておきたい…というポイントを10点ほどおさらいします!

参考のため僕の状況を簡単に

僕の場合、大学入学を機に静岡県→埼玉県の移動でした。大学まで徒歩15分のところに1Kの部屋を借りまして、ひとり暮らしをはじめることに。ちなみに最初に暮らした環境は

  • ガスコンロ有り
  • 洗濯機無し(アパート敷地内にコインランドリー)
  • 自炊好き
  • 部屋は1K(6畳+1K、ジャバラの仕切りあり)
  • エアコン付き
  • バス・トイレ別
  • 築6年

こんな感じでした。その後12年間ひとり暮らしをしていました。その経験から得られたものをまとめます。

1.掃除を出来る自信がないなら、汚すな

掃除、めんどくさいですよね。大変ですよね。でも汚れたら掃除しなくてはならないのです。必要なんです。ですから、掃除の回数を減らすためにも「汚さない」ようにしましょう。例えば

  • 風呂場の換気扇はまわしっぱ(カビを防ぐ)
  • 風呂を利用したら、最初にお湯→仕上げに水で壁も床もくまなく流す(汚れが残らない、カビを防ぐ)
  • トイレが汚れたら、その場でペーパーで拭く(すぐなら簡単に落ちる)
  • あればキッチンの換気扇もまわしっぱ(結露を防ぐ、カビを防ぐ)

などです。また、コロコロとクイックルワイパーとウェーブ様は最初にそろえましょう。1K程度の簡単な掃除はこれだけでもなんとかなります。

参考: お風呂(浴室)のカビを防止する3つのテクニック – エアロプレイン-
参考: 初のマンション越冬、結露が酷かったけどこれで防げた! – エアロプレイン-

2.預金口座は2つ持つ

結構アレな話ですが、預金口座が1つしかないと、食べるものに困るような状況でも光熱費やらなんやらの引き落としがガンガンかかってお金がなくなります。ひとり暮らしが金銭の枯渇=食費が無くなって死、ですから、そんな時のため、自動でお金が引き落とされない口座に非常用の資金を入れておきましょう。引き落とし系は1ヶ月くらいならなんとかなる場合もあります。とにかく食費をゼロにならないようにすることが先決です。

3.書留・宅急便が簡単には受け取れない

今まで実家にいた頃と違い、書留や宅急便を昼間に受け取ってくれる人がいませんから、それらの受け取りは困難を極めるようになります。24時間郵便局や宅急便の営業所が近所に無い場合は、これら配送物の到着日に気をつけましょう。ちなみに数日間受け取れないと、差出人に差し戻されますよ。

4.電子レンジ料理を習得せよ

実は電子レンジは究極の調理器具。煮物、焼き物、揚げ物までこなせるのです。もしコンロが電気だったり、1口しかなかったとしたら、この電子レンジ調理がその後の食費を分ける(つまり自炊をする)大きな分かれ目であると思われます。できればレンジにトースターもついていればベターですね。

ただし、1人の場合、まじめに自炊をしてもあんまり食費が変わりません。というのも、食材があまるから。1週間同じものを食べ続けることが可能!みたいな人ならかなり安くは済ませられると思いますが。自炊テクニックあっての食費節約、だと思ったほうが良いです。

個人的に買っておいたほうが良いと思うグッズは以下の通り。

5.困ったときに頼れる人を速攻で作っておく

友人知人、大家さん、上司、なんでも良いので困ったときにはこの人!って人を作っておくと良いです。僕の場合、突然車にはねられたときや、家の鍵を落としたときに助けてもらえました。ひとり暮らしは全部自分でこなさなきゃ!なんて気負わないで、助けて欲しいときは助けてもらうこと。これ、大事です。

6.防犯のため、外出時は電気つけっぱ!

防犯対策は色々とありますが、高価な上に、賃貸アパートごときでは設置できないものも多数。もし家を開けるのが心配なら、電気をつけっぱにしておくのが良いでしょう。もちろん保証はできませんが…。以前は学生のひとり暮らしアパートなんて空き巣の対象にはなりませんでしたが、最近はPC狙いでそうともも言えないようですよ。

追記:電気代かかりそう!という意見をいただいていますが、蛍光灯だけなら、仮に1ヶ月つけっぱでも500円くらい(なはず)ですよ。さすがに24時間ってことは無いと思うし、空き巣に入られたりすることを考えたら安いと思いますけどねえ。さすがに極貧の時は消してましたけど、この10点は極貧生活を乗り切るTipsではないので。

7.覚えの無い来客は無視

恐らくひとり暮らしをして最初にビックリするのは、異様なほどに新聞やら宗教やらの勧誘がたずねてくるその事実だと思う。中には「宅急便です」とか嘘をいうやつもいるので、何か届く覚えが無かったりしたらドアを開けちゃだめ。せめてチェーンくらいはして。ドア越しのやり取りで十分です。

ちなみに新聞勧誘であくどいことをされたら、本社のお客様センターに電話して苦情を伝えましょう。

8.洗濯物をかわかすのは、温度ではなく風

ひとり暮らしの洗濯なんて、溜めて溜めて一気に!ということが多いはず。でも大量にぎっしりつめて干すと、これがまた乾かないわけなんです。その理由は、風の通り道がなくなってしまうから。適度な間隔をあけて洗濯物を干すこと!ちなみに部屋干しするときは、エアコンの除湿ををつけて風向を向けるか、扇風機を洗濯物に当てっぱなしにすると良さげ。

9.安くなるものはコンビニで買わない!

雑誌などの値段がわからないものはどこで買っても変わりませんが、ペットボトル飲料や食品はあきらかにスーパーやら100円ショップのほうが安いです。それらをコンビニで買うのは緊急事態だけにとどめるのがグッド!

10.できれば家計簿をつける

ざっくりでも良いのです。食費、光熱費、交際費にいくらかかっているかだけでもメモしておけば、困ったときに使えます。大きな買い物をするときや旅行をする際、まとまったお金を捻出するのにも役立ちますよ。ひとり暮らしほど家計簿をつけたほうが良いと思います。

あとは…

あとはここらへんのリンクをたどっておけば大丈夫でしょう!