Home / / 我が家の御用達アマノフーズの新作「三つ星キッチン」は満点あげたい本格パスタ食感!

我が家の御用達アマノフーズの新作「三つ星キッチン」は満点あげたい本格パスタ食感!

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

先日アマノフーズさんの新作試食会&プレゼンに参加させていただく機会がありました。

そもそもアマノフーズといえば、まさに我が家の御用達食材。うちと妻の実家を合わせると、年間で数百食以上を食べている計算になります。なんといってもお湯をそそぐだけで恐ろしいまでに本格的な味噌汁などが食べられるのは、忙しい身にとって大変にありがたく。「きょうおつゆ作ってない」「じゃあアマノで」という会話は我が家の日常風景です。

そんな感じで、イベントに呼んでもらえて大変に光栄でした。



スポンサードリンク

アマノフーズの悩みを解消したい

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

実は今回のイベントには、余興(!?)でアマノフーズの悩みを解決するアイデア募集というものがありました。事前応募式だったのですが、みごと最終選考に残りまして、当日に数分のプレゼンを行いました。

このアマノフーズの悩みというのは、若い年齢層へのアピールが足りないということ。実際にアマノフーズのヘビーユーザーは高齢者層が多いのだそうです。なんとなくわかります。

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

ちなみに僕の出したアイデアは、アマノフーズに使える湯沸かし器をプレゼントするというもの。某1分で沸くタイプなど、完全にアマノフーズ向きですよね。そもそも一人暮らしの人がお湯を沸かすシチュエーションって限られていて、たとえばコンビニ弁当買ってきたときなんか、絶対にお湯がないわけですよ。家でも職場でも、手軽にお湯を沸かせることが、アマノフーズへ近づくことなんじゃないかな?ってアイデアでした。

 

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

なお今回最優秀賞をもらったのはむねさだくんの、到着ロビーで試食会やるってアイデア。これはほんとそうだよね。最も渇望しているタイミングにぶち込むってのは王道で素晴らしいと思いました。

 

三ツ星キッチンの実力とは?

さてさて、お次は本題の三ツ星キッチンについてです。

そもそもですね、イベント会場に入ってきてですね、無数に貼られたアマノフーズの商品を見ていて疑問がわいていたんですよ。

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

(あれ?)

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

(全アイテムと思いきや、田舎汁など、何点かないな)

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

(…って、これ、この三ツ星キッチンってなに???)

そう、それこそが新製品の三ツ星キッチンだったわけです。実は僕の家はヘビーユーザーらしく通販&新製品カタログが届くので、売っている既存商品はほとんど知っているはずなんですよね。だから、見たことのなかった三ツ星キッチンという製品は、やはり新製品だったわけです。

 

さてなぜこの製品が開発されたのか?ですが、アマノフーズ側の経緯としては以下の通りです。

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

そもそもいま、パスタは食品として伸びてきているんだそう。しかも中でも顕著なのが、チルドパスタと冷凍パスタ。この現象を、アマノフーズでは「個食の増加」と捉えました。個食はアマノフーズが最も得意とするところです。なぜなら、ほぼ全ての製品が「おひとりぶん」だから。

余談ですが、究極の個食「ひとり鍋」の最速レビューを昔行っています(笑)

アマノフーズ フリーズドライ一人鍋
お湯を注いで30秒で一人鍋…アマノフーズから究極のフリーズドライ食品登場

 

では個食に対してどんな価値が提供できるか。それが「もう一品」と「プチ贅沢」でした。自分ひとりの時にプチ贅沢したい…これ、すごくわかります。ハーゲンダッツによる自分へのご褒美も同じモチベーションなんじゃないかな。

 

そこでちょっと贅沢な個食パスタをフリーズドライで作成するプロジェクトが立ち上がりました。

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

そして開発すること2年(!)

ついに出来上がったのが、

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

三ツ星キッチンのパスタシリーズです。担当者いわく、とても「本格的」だとのことで、期待が高まります。一方で、いままでのアマノフーズにはなかった方向性だけに、ちょっと冒険しすぎなんじゃないの?という不安もないといえば嘘になったでしょう。

 

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

では早速作ってみましょう…って、え?あれ?なにこのマグカップ????

そう、これはアマノフーズの専用マグカップ。しかもNARUMI製ですよ。こんな存在まったく知りませんでした。

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

中には目盛りが入っていて超便利!そうなんですよ、アマノフーズの商品って実はわりとお湯の量が細かく違うんですよね。毎回キッチンスケールではかるのもめんどくさいので、こういったマグカップがほしかったんですよ!!!

 

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

ということで三ツ星キッチンです。これ、すごいなーと思うのが、1分で完璧な状態のパスタ(フジッリ)に出来ているところ。僕は乾燥パスタ系が好きなので他社のものもかなり食べているとおもいますが、1分でもどった状態としてはかなりベストに近いと思いました。

お味に関しては多少好みが出るところ。というのは、あまりにも本格的に作りすぎだから(笑)さすがのアマノフーズのフリーズドライらしく、具材の食感や味わいについては間違いがありません。いっぽうソースに関してですが、ここまでチーズの濃厚な風味が出ているインスタント食品もなかなか無いのでは、というくらいにチーズです。さすがとても良い意味で真面目な商品開発のアマノフーズ。プラス1品として強烈すぎやしないかな?と少し思ったりもしますが、そんな場合はお湯を30ml多めに足すと、ほどよい味わいになりますので、ぜひそちらもお試し下さい。

 

アマノフーズ試食会 三ツ星キッチン

ちなみに現在はTwitterとInstagramを活用した企画も開催しているそうです。

 

エアロプレイン雑感

アマノフーズといえば、やはり「食感」が素晴らしいフリーズドライの会社だと思うんですよね。その視点で考えると、今回の三ツ星キッチンのパスタにおける食感はほぼ100点あげてもいいのでは?と思いました。具材もしかり。

ソースに関しては、この濃厚さの場合は「おやつ」やむしろ「主食」になっちゃうかな?というのが正直な感想です。とくに炭水化物系の食べ物は「もう1品」という印象ではなくなりがちだと思うんですよね。

ということで、ぜひこの商品は「間食」「メイン1品」みたいな感じで売り出してくれればなあ、と思ったのでありました。

さて、次の通販は何を買おうかな〜。

 

アマノフーズ

【アマノフーズ 公式オンラインショップ(パソコンサイト)】お味噌汁などのフリーズドライ食品の老舗

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。