googleで正しい検索結果を見るお手軽な方法

Googleネタの記事Google, テクニック

2010-02-13_1029

近頃のGoogle先生は「パーソナライズド」機能によって、その人の閲覧履歴に基づいて検索結果が多少調整されています。でも時には成分無調整のストレートな検索結果が見たいときもあるはず…。

そんな時に使えるお手軽な方法をご紹介します。

関心にあわせて検索をカスタマイズ

Googleアカウントに書いてあることによれば、現在のGoogleはこうなっています

ウェブ履歴では Google で検索/閲覧した情報に基づいて、より関連性の高い検索結果をお届けします。はじめはその効果に気づかないかもしれませんが、ウェブ履歴を使い続けるうちに検索結果の関連度が高まるはずです。

個人向けに検索結果が調整されることは悪いことでは無いと思っていますが、仕事などで正確な情報を知りたいときには無用の機能であることも確かです。

基本的にアカウントと紐付いている機能ですから、Googleからログアウトすればいいだけの話ですが、Gmailにログインしっぱなしの人にとっては、ログインのしなおしが面倒だったりします。

そんな時には以下の方法を試してみて下さい。

Google Chromeのシークレットウインドウ

ここで利用するのは、Googleが配布するブラウザ「GoogleChrome」の「シークレットウインドウ機能」です。Shift+Ctrl+Nで立ち上がりますよ。

このシークレットウインドウ、本来ならば履歴などを残さない「隠密行動」のために利用するものなのですが、実はログイン情報やキャッシュなどがまっさらな状態でWebを閲覧できるため、製作などの現場ではわりかし重宝している機能なのです。こうすれば、Googleアカウントからログアウトした状態を再現しつつも、一方でGmailなどにログインした状態を保ち続けることができます。

いままでシークレットウインドウ使っていなかったよ!という方はぜひ利用してみてください。

ちなみにChromeに関してはこちらのエントリがオススメ!