頭皮トラブルに神シャンプー「コラージュフルフル」脂漏性湿疹の対処療法に

製品/サービスレビューシャンプー,健康,生活

脂漏性湿疹っぽいけど、もしかしたら軽度の乾癬かもしれない」というのが、ここ数年で僕の頭皮が診断されるおおまかな状況です。どんな症状かというと、患部(頭皮、顔、鼻、耳のまわり、口のまわりなど)の皮膚が赤くなり、激しくはがれます。酷いときは1日でまるごと頭皮がはがれてしまうくらい、激しくフケ状のものが出るのですね。フケ状といってもサイズがめちゃくちゃ大きくて、大きいときは直径1.5cmくらいのサイズで皮膚がはがれて落ちるのが特徴です。

さて、そんな脂漏性湿疹の対策のひとつとして「シャンプーを適切なものに変える」という方法があるのですが、僕はまさに「コラージュフルフル」というシャンプーがベストマッチしまして、美容室の担当者も驚くくらいに頭皮の状況が改善し、僕も症状をコントロールできている感じがします。今回はそんなコラージュフルフルの話です。

脂漏性湿疹の原因に効果するコラージュフルフル

僕の症状は脂漏性湿疹由来と思われるものと、乾癬由来と思われるものの2種類が混在しているようなのですが、主に脂漏性湿疹由来と思われるものは、コラージュフルフルでだいぶ改善しています。

そもそも脂漏性湿疹とは何かというと、いわゆる皮膚に存在する常在菌が原因です。常在菌という名の通り、ほとんどの人に対して常に存在する菌(マセラチア等)なのですが、一部の人に対しては炎症を発生させる原因となってしまうのです。

この炎症が皮脂の多いところ、例えば頭皮や顔、髪の生え際などに発生し、前述のとおり赤くなって激しく皮膚がはがれてしまうのが、この脂漏性湿疹なのです。

ちなみに軽度の乾癬の場合も同じような場所で同じような症状が発生しまして、これが重症かすると肘や首の後ろ、その他皮膚の動きがあるところでも発生がするのですが、軽度の場合頭皮や顔などで発生するため、脂漏性湿疹と見分けるのが難しい、とのことでした。併発する場合もあり、やはり判定が難しくなるとのこと。なお、重症化してきた場合は皮膚の検査で切り分けるようです。

閑話休題。とりあえず乾癬は忘れておき、脂漏性湿疹の話をします。

この脂漏性湿疹では考えられる対策として、

・菌に対するアプローチをする
・皮膚(の炎症)に対するアプローチをする

という2つの方法が考えられるわけですが、このうち前者で手軽なモノが、コラージュフルフルで得られる効果である「殺菌」となります。後者はステロイド軟膏などをもらって塗る、という感じですね。

コラージュフルフルで驚くほど良くなる頭皮

そんなこともあって、このコラージュフルフルをすすめられたのが10年前。注文履歴を見たら、2011年に初めて購入したようです。

実はそこから、僕のシャンプーはほぼ100%コラージュフルフルです。在庫切れしちゃったときや旅行時は仕方が無く他のシャンプーを使うことがありますが、基本は絶対にコラージュフルフルを使っています。

コラージュフルフルの特徴と言えば、とにかく髪の毛がキッシキシになることです。中性洗剤でも使ってしまったかな?というくらいに油分が除去されますが、これが脂漏性湿疹に効くんですよね。もちろん殺菌もされています。

で、ちょっと前に「コラージュフルフル ネクスト」というもう少し使用感のよいタイプが出まして、実際にはいま使っているのは「コラージュフルフル ネクスト うるおいなめらかタイプ(通称:赤コラージュフルフル)」です。こいつが初代ほどキッシキシにならないで、許容範囲な感じで仕上げてくれるので、とても良いのです。ちなみにコンディショナーについては使ってません。コラージュフルフルのコンディショナー含め使ってみたこともあるのですが、シャンプーのみが最も皮膚の改善が見られたので、現在はシャンプーのみの使用となっています。少なくとも自宅ではここ10年以上コンディショナーを使ったことが無いですね。

このおかげか、頭皮のトラブルはだいぶおさまりました。皮膚は赤くなくなり、頭皮がはがれ落ちる頻度は年に1〜2回程度となっています。このタイミングも(風邪などで)体調不良になったときと花粉症がはじまったときというわかりやすい状況で、それ以外のタイミングではとても健やかにすごせています。

美容室の反応も変わりまして、当初は「頭皮が真っ赤だったのに、とってもよくなりましたね!」と言われるようになりました。最近では改善状態が通常になったので、むしろ年に1〜2回ある状態が悪いときだけ「赤くなってますね!」と声かけされるくらいになっています。

というわけで、脂漏性湿疹などで頭皮がはがれて困っている方は、ぜひいちどコラージュフルフルを試してみて下さい。騙されたと思って。けっこう高いシャンプーではありますが、僕は満足しています。

コラージュフルフルの選び方・使い方

最後におまけですが、僕の経験から導き出した選び方と使い方です。

まず選び方。現在、コラージュフルフルのシャンプーは3種類が存在します。

A:うるおいなめらかタイプ。通称「赤フルフル」
B:すっきりサラサラタイプ。通称「青フルフル」
C:コラージュフルフルPREMIUM。通称「緑フルフル」

AとBはコラージュフルフルネクストで、現行製品のスタンダードタイプ。仕上がりのみが異なりますが、僕はAのほうが好きです。

Cはプレミアムタイプで、コラージュフルフルネクストに対して消臭効果を高めたもの。脂漏性湿疹は頭皮の臭いも気になるパターンが多いので、このタイプを待っていた人もいるのでは。

僕の場合ですが、AとCを併用しています。通常はAを使っていて、今日は汗をかいたな〜と思った日にはCを使う感じです。ちなみにCは消臭効果があるとのことで、汗のにおいが気になりそうな部分(耳の後ろとか、脇の下とか)をついでに洗ってしまうという使い方もアリですね。

頭皮の洗い方ですが、頭皮をよく濡らすことは基本として、最初に3/4〜1回分の量で洗い、続いて1/4程度の量で仕上げ洗いをしています。こうすることで、2回目はめちゃくちゃ泡立ちますから、洗浄効果が高いだろう…という感じにて使用しています。こういった使い方をするため、1回分が固定で出るポンプタイプではなく、量を調整できる200mlのストレートタイプが理想です。それでなくてもポンプタイプは最後の2〜3回分が出きらずもったいない…ということもあって、現在は200mlタイプに移行して使ってみているところです。

ただ、つめかえ用は280ml入ってるんですよね。ここが悩ましいところ。日々の利用は200mlのストレートタイプが良いのですが、詰め替え運用はポンプタイプが良い感じ。最適解としては200mlを2つ買って、両方に詰め替えていく運用ですかねえ。200ml運用ははじめたばかりなので、ここは最適解が出たらまた更新します。

コラージュフルフルシリーズはこちらから

 

フルフルネクスト|【公式】持田ヘルスケアのオンラインショップ