電車でFacebookしてたら急にカメラが立ち上がってあたふたした経験がある人はこの対策をしよう

2018/03/22iPhone/iPad(Appleブランド), 携帯/スマホandroid(端末), facebook, iPhone X, iPhone/iPad, 生活

電車で。バスで。人の多いところで。スマホにてFacebookをやっていたら、意図せずカメラが立ち上がっちゃって、あたふたした経験、多分ほとんどの方にありますよね。あの得も言われぬ盗撮感。「え、え、あわあわ…ちが…くぁwせdrftgyふじこlp」って、なりますよね???

でもそれを防ぐ簡単な方法があるんですよ。ってことで、紹介します。iPhone/Androidどちらにも対応。

Facebookアプリにカメラの利用を許可しなければ良い

この問題、考え方はとてもシンプルで、Facebookアプリにカメラの仕様を許可しておかなければいいんです。

設定もとても簡単。設定を開き、下の方にあるアプリの個別設定を開きます。

そこでアプリの「Facebook」を探し、タップして設定を開きましょう。

 

中には「FACEBOOKにアクセスを許可」という項目がありますが、これこそアプリでそれぞれの機能の使用を許可するかどうかの設定。ようはここでカメラを「オフ」にしておけばいいんです。緑色の状態がオンなので、ここは白い状態の「オフ」にしておきましょう。↑の写真では「オフ」になっています。

 

こうすると、Facebookのアプリではどうなるか。アプリ上で、カメラを立ち上げる操作である「右にスワイプ」をしてみてください。見事にカメラは立ち上がると思いますが、画面は黒いまま。そう、カメラが許可されていないからです。

カメラで向こう側が映ってしまう代わりに、真っ黒い画面が映ります。これならあわあわする必要も無いですよね。なお、中央にある「アクセスを許可」を押してしまうと、カメラが「オン」になってしまいます。そうなったら、再度これまでの作業を繰り返しましょう。

すぐに設定!

ちなみにAndroidでも同様の設定ができます。OSのバージョンによって操作が異なるかもしれませんが、基本は設定→アプリから同じくFacebookを見つけ、「権限」を開いてください。

ここでカメラがオフになっていればOKです。

こうすれば、車内でドキドキすることが少なくなりますよ!

 

エアロプレイン雑感

正直なところ、右にスワイプするだけでカメラが立ち上がるとか、やめて欲しいっす。