レンタルでビアガーデン!個人でビールサーバーを借り屋外でビアガーデンをやろう!

2012/07/23おいしいものだけ紹介します(食全般), イベントレポート, 製品/サービスレビューレポート, 生活

 

いつか「夏場になったらビアガーデンを個人でやってみたい!」と思っておりまして、それがついに昨日実現できたので、やってみてわかったことを色々とまとめておきます。

お昼からおともだち宅でビアガーデンです。きもちいい!... on Twitpic

ビールサーバーはどうやって工面するか

ビアガーデンと言えば、生ビールをそそぐためのビールサーバーが重要なファクターですよね。といっても、ビールサーバーを個人で持っている人はごく少数でしょう。普通に考えたなら、これはレンタルです。

じゃあどこからレンタルするの?という話になるかと思いますが、実はこれ、酒屋さんからレンタルできるんです。今回僕がお世話になった酒のやまいち さんでは、ビールを樽で買うと、無料でレンタルすることができました。どうも調べてみると、樽ビールの購入に対してビールサーバーの無料貸し出しをしている酒屋さんが多いようです。これは嬉しいというか、意外な事実でした。ということで、ビールサーバーで生ビールを楽しみたい時は、樽を購入する店舗にてビールサーバーが借りられるかどうかを確認してみましょう。大手だとカクヤスさんで工面できるみたいです。

 

ビアグラスをどうやって工面するか

なんと!これもビールサーバーを貸してくれた酒のやまいちさんでお借りすることができました。もちろん、無料!!!ありがたい!!

やっぱりね、このグラスをキンキンに凍らせて自分の手で生ビールをそそいだらテンションダダ上がりなわけですよ!そりゃ普段ビール飲まない僕でも飲んじゃうよ!というか普段ビール飲まないのにビアガーデン主催するなよ自分w

 

ビールサーバーの電源をどうするの?

さてさて、道具がそろったなら、あとは開催するだけ。といってもビールサーバーの仕組みが良くわかっていない。屋外でどうやってビールを冷やすんだ!!!と思ったら、なんとなんと、可動式ビアサーバーは氷で冷やすというアナログな仕組みでございました!

カメラロール-2828

これね。

今回は樽だって常温なわけですけど、ビールサーバーの中に突っ込んだ氷が見事にビールを瞬間冷却してくれます。すげー。仕組みすげー。もう少し落ち着いてたら写真撮ったのに。ようは、なかに氷冷のラジエーターが入っているようなものです。金属を冷やして、その金属の上をビールが通ることで冷えるんですね。すげーすげー。

ちなみにちゃんと冷えてからビールを出さないと、泡ばかりになりますので要注意!あとビールの樽を移動したての時も泡がたくさん出ます!要注意!

 

雰囲気作りのためにはガーデンセットをレンタルせよ

はい、そこでふたたびこの写真です。

お昼からおともだち宅でビアガーデンです。きもちいい!... on Twitpic

おわかりのように、ビアガーデンで見慣れたプラスチックの白い机、白いイスを設置しました。もちろん大量にこんなものを持っているわけも無く、レンタルです!この製品、その名をガーデンセットと呼びまして、イベント系レンタル業者で取り扱いをしております。もちろん個人でもレンタル可能!

今回はダスキンレントオールを使いました。ちょっと高かったんですが、JAF会員だと15%割引になること、当日と返却日に配送してくれるということ点が要望とマッチしたので、今回はお願いさせていただきました。

 

レンタルでイベントをサポートするダスキンレントオール

 

ちなみに1セットだけ欲しくなって、楽天で買いました。翌日発送だったので、水曜日に注文したのに土曜日間に合った!素晴らしい!

はい、あとは天気と参加者さえ揃えば大丈夫。はっきりいって、最小構成ならビール樽を買ってジョッキとサーバーを無料レンタルするだけですから、とんでもなく安上がりにイベントが開催できてしまいます。あと必要なものといえば、ビールを冷やす氷かな。最近はブロックの固まり氷を売ってるコンビニや酒屋もありますので、見つけておくといいですね!

なお今回は、前日にコンビニで氷を購入し、また必要になったら取りに来るというお願いをさせていただきました。家の冷凍庫に何本もロックアイス入れられませんからね。本当に助かりました。

ということで当日は20名余りにご参加いただき、大変楽しいビアガーデンを実施することができました!

 

次のページへ続く↓↓

「主催者必見!個人でビアガーデンを開催するときのノウハウをまとめました」