引っ越しするなら10~11月頃がオススメな理由と解説

2011/11/01ライフハック,様々なテクニック,読み物テクニック,ライフハック,生活

 

家財品の値段が安くなるのもこの時期

引っ越しというと物件や引っ越しの費用だけに目が行きがちですが、実は新生活を迎えるにあたって必要となる家財道具だって増えるはずです。家電も含め、これらが安くなるのはやっぱり10月以降です。特に9月で新製品が出たような型落ちはかなり安価に入手可能です。12月までいってしまうと在庫が枯渇するので、10~11月に選ぶのがオススメですね。

 

引っ越し時に晴天の可能性が高い

春~夏に比べて秋~冬の利点といえば、天候が良いことも挙げられます。もちろん運次第なところはありますが、可能性でいったら冬に近づくほど日照時間は高まってきます。そういった意味でも、引っ越しにはできれば10月以降がオススメ。もちろん地域差はありますが…。

 

冷蔵庫の中身も冬のほうが安心

これもあまり気にされない方が多いですが、引っ越し時には冷蔵庫を移動しなければならないため、冷蔵食品だけで無く、冷凍食品も出さなければならないわけです。もちろん保温系の箱などに入れておくとしても、やはり冬のほうが安心ですよね。引っ越しにとって秋~冬はいいことばかりです。

 

まとめとおまけ

ということで、様々な理由から導き出される、10~11月の引っ越しがオススメであると解説してみました。ほぼ全て経験則+各業者と取材レベルでおしゃべりをして得られた情報です。物件探しから引っ越し完了まで、全てにおいて良いタイミングでいろいろと策を練っていきたいですね。

ちなみに本当ならば、引っ越しを検討するタイミングは「更新を考える1年前」からが最適です。1~2カ月で探せる物件と、1年かけて探せる物件では差がありすぎます。1年ほど物件を探し続けていると、自分の好きな間取りに気がついたり、物件の相場感が自然と身についたりと良いことばかりです。もちろん僕のように間取り大好きっ子でなければ1年も2年も続けるのは難しいかもしれませんが、自分が何年も住む部屋に対して、多くの方は情熱をかけなさ過ぎです。ある程度のお金も飛ぶし、自分の生活の基盤にもなる。物件探しにもう少し情熱を注いでみることを強くオススメしますよ。

なお、過去にはこんな記事も書いていますのでご参考までに。

賃貸物件検索時に使う6つのテクニック・知識 | エアロプレイン – 雑学ブログメディア

あとは不動産ジャパンなんかも良い感じですね。

安心・安全な不動産取引をサポートする総合情報サイト 【不動産ジャパン】
4872903382 48729017544827206104