【F-02C】妻の語るF-02Cの良いところ悪いところ

ARROWS F-02C

kkaigi7-airoplane3

ケータイ会議も大詰め!もはや我が家ではベストの1台をF-01CにするかF-02Cにするかの一騎打ちとなっております。さて、そこで僕が使わない時にF-02Cを使っていた妻が語るF-02Cのポイントとは?

ちなみに妻は今までF-08Aを使っていたので、比較対象はそちらとなります。

F-02Cについての雑感

  • 薄さも重さもちょうど良い
  • ワンプッシュオープンがとても便利。たとえば電車でつり革につかまっていて片手がふさがっている時も、もう一方の手で簡単に開けることができる

F-02C macro view F-02C macro view

  • キラキラとラメの入った外装がとても綺麗
  • ボタンがフラットでなくわずかに凸してあるので、ネイルを伸ばしていても押しやすいのではないかと思う
  • エッジの部分が丸く、また裏面も曲線的な形をしているので、手に馴染んで持ちやすい

F-02C Anteprima F-02C Anteprima

  • 外装が凝っているのに防水なところができる子
  • 雨の時に濡れた手で触っても安心だし、ランチの時にうっかりソースの付いた手で触ってしまったとしても安心
  • フィーリングピースのイルミネーションが美しい

F-02C macro view F-02C Anteprima

  • 付属のワイヤーバッグの高級感が良い。しかも大きすぎず小さすぎず、しかしAnteprimaモデルだということを主張できて素晴らしい
  • Anteprimaが配布している待受がとても美しくて好み

F-02C Anteprima F-02C Anteprima F-02C Anteprima

  • ボタンを押してからの動作がキビキビしている。もっさりしていない
  • データをダウンロードする速度も速い
  • 写真のエフェクトがたくさんあって面白い

F-02C ノーマルF-02C セピアF-02C 色えんぴつF-02C きらきらF-02C 円ソフトフレーム

  • 暗いところでもイルミネーションなどが手ぶれせずに撮影できた
  • ボタンを押してからシャッターがおりるまでも早い気がする。撮りたい瞬間を逃さない

さいたま新都心のイルミネーション 高感度モード さいたま新都心のイルミネーション さいたま新都心のイルミネーション ぼかし強調 さいたま新都心のイルミネーション 魚眼モード

  • かんたんデコメモードのおかげで、面倒だったデコメも気軽に使うようになった
  • ワンプッシュオープンの反対側のボタンを、開ける時につい押してしまうのが難点

ということでした。

広告

だいたい感想は同じ

おおむね好感触で、とくに手触りの良さあたりに関する感想は僕と一致しています。F-02Cはその名の通り「持ったらわかる」気持ちの良さがある携帯ですね。ほんと、これが今回本命になってもなんらおかしくない状況です。F-01Cのハイスペックさは魅力的ですが、携帯自体の存在感はF-02Cですね。

ということでますます混迷化するファイナルアンサーへの道。どうなることやら。

ただいまの本命ゲージは

  • F-01C ##############$$$$
  • F-02C ###########++++++

#が総合能力、$が実用的機能(Wi-Fi)、+がデザイン性による加点です。うんうん、甲乙付けがたし…きっとどちらを選んでも、もう一方を買うことになるのでしょうw

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ


スマホ向けカメラセミナー開催のお知らせ

筆者が大宮にてスマホ向けのカメラセミナーを初開催することになりました。いままで全国で開催しており、好評を得ております内容を、よりパワーアップの予定です。みなさまのご参加をお待ちしております。 --- イベントタイトル「ちょっとしたコツで見違える!スマートフォンのカメラで子供をかわいく撮影しよう セミナー」 開催日時:9月1日(日) 10時〜12時 開催場所:さいたま市大宮の「貸し会議室 6F」(コワーキングスペース 7F内 ) 住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階 地図:https://office6f.com/map/ 費用:通常チケット 3,000円 (早期割引、7F会員割引、2人ペア割引きあり) 【9/1開催】ちょっとしたコツで見違える!スマートフォンのカメラで子供をかわいく撮影しよう セミナー | Peatix

ARROWS F-02C

Posted by norio nakayama