「脳内会議 sponsored by goo」に参加してきました

イベントレポートイベントレポート, 百式

【イベント参加報告】

百式の田口さんが主催する「 脳内会議 sponsored by goo」に参加してきました。この脳内会議とは、自分の名前を入力すると画像のような結果が出力されるもの。あの有名な脳内メーカーの作者とコラボして企画されたサービスらしいです。さて、その内容とは?

脳内会議内で公開されたスライドを写真にて

今回は初の試みとして、全スライドを撮影してみました。自分も撮影していて思ったのですが、シャッター音などは消したほうが良いですね。おそらくプレゼンの邪魔になっていたと思います。ただし携帯で撮影している場合は改造しないと消せないため、微妙なところですが…。

アジェンダ
脳内会議00アジェンダ

gooの杉崎さん登場

脳内会議01

脳内会議02

脳内会議03

あの作者の方とは一度もお会いしたことがないそうです!それはそれでびっくり。

脳内会議04

脳内会議05

脳内会議06

脳内会議07

脳内会議11

完成したのはリリース日の早朝5時だったって。

脳内会議12

脳内会議13

脳内会議14

気づき、がキーワードだそうだ。個人的には、あまりに接点のない言葉は「気づく」前に「スルー」されちゃうと思うんだけどな。そこが今後の課題なのかも。

脳内会議15

杉崎さん自身が人柱となって脳内検索結果を公開(笑)終身医療保険、大事ですよね…!?

脳内会議16

リリースしたての脳検から野望の発表が!

脳内会議17

確かにこういった「話題のタネを提供」系サービスにおいて、モバイル対応は大事かもですね。

脳内会議18

ここで突如「フキダシステム」なる新システムのお披露目が!

脳内会議19フキダシステム

頭髪の位置を自動で認識し、頭上に吹き出しを投影するシステムでした。普通のCCDと普通のPCで動いていたのが印象的。

gooさんの発表部分は以上でした。

広告

脳内会議の会議の内容

恒例の会議についてのお題は以下のとおりです。

1.あなたが最近貼り付けた外部コンテンツは?

2.貼り付けたい!と思うときはどんなとき?

3.それを応用すると脳検メーカーはどう改善できる?

僕の回答ですが

みなさんの回答については 百式の田口さんがまとめてくださっているので、僕の回答についてご紹介。

1.あなたが最近貼り付けた外部コンテンツは?

Flickrやけんてーごっこ、niftyのアンケートなど。

2.貼り付けたい!と思うときはどんなとき?

新しい情報が生まれそうな時。
読者に付加価値を与えられる時
ブログ上でコンテンツを完結できるとき(詳細はリンク先、じゃないものってこと)
カスタマイズしてオリジナリティを出せる時
簡単に張り付けられる時

3.それを応用すると脳検メーカーはどう改善できる?

今回の脳検メーカーでは、ある名前についての出力結果がずっと変わらないようでした。ちょっとそれはいけず。少なくともこういったサービスは「1度やったらハイサヨナラ」になりがちですので、僕は継続性について検討してみました。

そこで。

まず脳検メーカーを使うと、結果が出ます(たとえばゲロッパとか)。

それをブログに張り付けると、その画像から各キーワードに関するページ(Wikiとか)にリンクが貼られます。

貼り付けたブログ主は、そのキーワードについての話題をブログに書きます。

すると、ブロガーは毎日のネタに困らず、かつ新しい話題をブログへ持ち込めます。読者も「へ〜」って感じになれるでしょう。

そもそも脳検メーカーのようなシステムの場合、あまりに意味のない単語が出てくると「検索しよう」ってモチベーションが逆に下がると思うんです。そこで検索しなくてもどんな意味かが一発で理解できるような仕組みを与えてあげれば、「めんどくさい」部分をカットできると思うんですよね。もちろん検索結果は一定の周期で変わってほしいところですね。

脳内会議を終えて

今回は初めてお会いする方が多数いまして、なかなかおもしろかったです。また、gooの方とも別のお仕事でニアミスしていたことがわかりまして、やっぱ世界は狭いなぁと思ってみたり。最近参加率が高いこともあって、百式の田口さんにも名前を覚えてもらえました(笑

やっぱこういったイベントごとって、名前と顔を覚えてもらうことって大事だと思うんですよね。ということで、イベントには今後も継続して参加していきたいと思います。

そうそう、脳検メーカーに関しての「もっとこうなったらどうかな〜」は本文中に書いたとおり。キーワードは「親切」「継続(定期的に使ってもらえる)」です。そんなわけで、gooの皆様、田口さん、絡んでいただいた参加者の皆様、ありがとうございました。