【百式企画塾】 画期的な傘を考えた!に応募する!

2008/01/27イベントレポート, 読み物百式

恒例の百式企画塾。今回のお題は「 画期的な傘」です。ちょっと時間が無いので要点のみかいつまんで。

お題はこれ!

今回のお題は・・・

2008年、あなたは画期的な傘を思いついてしまいました。全世界の雨に悩める人々が狂喜乱舞したという、その傘について次のことを教えてください。
その傘は雨の日にみんなが感じている(A)という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(B)なるアイテムと組み合わせることにより、(C)という方法で解決していた。その傘の名前は(D)。

ということで、傘について考えます!

問題はなんだろう

傘の問題といえば・・・

・急な雨のたびに傘が増える

・風が強いと役に立たない

・自転車だと役に立たない

・足元がぬれる

・利用後に後持ち歩くのが大変(ぬれる)

・盗まれる

などでしょうか。

ということで、今回は「利用後に持ち歩くのが大変(ぬれる)」ということに目をつけました。

回答です

その傘は雨の日にみんなが感じている(A:さした後、持ち歩くと大変(ぬれる))という問題を、まさか傘と連動するなんて!という驚きの(B:切手と封筒)なるアイテムと組み合わせることにより、(C:ポストに投函する)という方法で解決していた。その傘の名前は(D:直帰傘)。

濡れ傘を送るための封筒があり、それに傘を入れて投函すると会社だとか家だとか、とりあえず傘を送り返したいところに送り返せます。

図解すると、こうです!

図解する必要があったかどうかはわかりませんが(笑)

これにより、「置き忘れ」「盗難」「かさばる」なんて問題も同時にちょっとだけ解決できます!?