Home / 旅行記事 / イギリス/英国 / キャセイパシフィック航空のビジネスクラスもプレエコも快適すぎて英国日本間あっという間 #cx2britain

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスもプレエコも快適すぎて英国日本間あっという間 #cx2britain

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!で訪れた英国。日本からだとほぼ12時間、ロンドンからだとほぼ13時間という長旅ですが、今回キャセイパシフィック航空さんのビジネスおよびプレエコノミーを利用させていただいた結果、大変に快適なフライトをすることができました。なぜ?



スポンサードリンク

何もかもが雲の上のビジネスクラス

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

飛行機でビジネスクラスを利用するのは今回が初めてだったのですが、とにかく快適の一言。まず席が広い。キャセイさんのB777-300ERで利用したそれは進行方向に向かって斜めに席が配置されるヘリンボーンタイプ。

C-LB-03_Business.jpg

このタイプの特徴は、とにかく足下が広いと言うこと。当然シートはフルフラットになりますし、背もたれの角度も好きに調整できるので、僕は初めて飛行機で「くつろげる」と感じましたよ。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス
設備やアメニティ面でいえば、密閉タイプの高音質タイプヘッドホンが完備されていて大変に便利。席の設備として鏡までありまして、コンタクトレンズの脱着に威力を発揮しました。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

リモコンも大変に使いやすい。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

ライトも高精度でした。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

なんでもござれな充電ソケットに、AV端子まであって持ち込みの映像も映せます。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

なによりこれ!全ての座面をリモコンで操作可能。完全に電動です。心地よかった。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

また、この居住性における満足度をさらに高めているのが、スタッフのサービスと、食事でしょう。まず席に着くとおしぼりのサービスがあり、さらにはその日の料理のメニューが渡され、さらにはオーダーフリーのドリンクメニューまで。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

ワインリストも完備。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

もちろん座った瞬間から降りる時まで、ドリンクは頼み放題ですよ。メニュー量はエコノミー席に比べて圧倒的な数で、シグネチャードリンクまであるのには驚きました。この赤いドリンクは「Oriental Breeze」です。大変においしくて香りのいいノンアルコールカクテルです。

 

C-LB-05_長距離路線用ビジネスクラス.jpg

スタッフももはや高級レストランのスタッフのごとく、「おもてなし」を主軸に置いた対応。困ればなんでも相談に乗ってくれますし、なにより親身です。こちらが料理の写真を撮ろうとするや、撮りやすいようにしてくれたり、もうね、最高です。キャセイパシフィック航空さんのスタッフはもともと高質だとは思うのですが、それが輪をかけた状態になるのかな?と思いました。

 

とにかく最高だったビジネスクラスでのフライト。え、もう降りるんですか?とは本音です。確かにエコノミーに比べたら破格の値段かもしれませんが、高級レストランと高級ホテルに泊まったと考えれば、この距離のフライトでは十分に選択していいんじゃないの?と感じました。今回のフライトでは英国に早朝到着だったのですが、そこから丸一日元気でいられたのは、間違い無くビジネスクラスのおかげでしょう。ほんとーーーーーに良かった。

唯一の心配事とといえば…僕がエコノミー席に戻れるかどうかが(笑

 

詳しくはキャセイパシフィック航空さんのビジネスクラス説明ページをどうぞ。

キャセイパシフィック航空 - 新ビジネスクラス、新ビジネスクラス座席配置 – キャセイパシフィック航空
http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/inflight/travel-classes/business-class/business-class.html

 

実は最も驚かされたプレミアムエコノミー(プレエコ)

C-PEY-01_プレミアム・エコノミークラス.jpg

さて、今回英国から日本へ帰ってくるときに搭乗した席は、ビジネスクラスとエコノミーの中間である「プレエコ」でした。正直申しますと、ビジネスクラスのリッチさは事前にある程度想像ができたのですが、このプレエコの快適さはまったく想定外でした。いや、正しくは想定の範囲を大きく超えているものでした。

 

プレエコとエコノミーの違いですが、まず席の並びなどはエコノミーとあまり変わりません。ただ席の幅やリクライニングは良くなっており、またフットレストがあることで疲れにくくはなっています。第一印象は「あんまりエコノミーと変わらないなあ」だったんですが、乗ってみてわかるこの快適さ。英国〜日本間でまさか熟睡できるなんて思いませんでした。ちょっとしたリクライニングの角度、フットレストの存在は大きいんだなあと。

 

また、料理などに関しては
、メインこそエコノミーと同等のものでありつつ、前後のおつまみやドリンク、おまけ的なものについてはビジネスクラス準拠のものが出ます。さすがにメニューは来ませんが、エコノミーよりも良い待遇なのは間違い無いですね。ビジネスと同じようにアメニティが提供されるのも嬉しいところ。印象としては、エコノミーよりも快適な席(ただしフルフラットにはならない)で、サービスはビジネス並といったところでしょうか。

詳しくはキャセイパシフィック航空さんのプレエコの説明ページをどうぞ。

キャセイパシフィック航空 - プレミアム・エコノミークラス、プレミアム・エコノミークラス座席配置 – キャセイパシフィック航空
http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/inflight/travel-classes/premium-economy-class/premium-economy-class.html

 

機内食まとめ

最後に機内食についてまとめておきます。

味はとても美味しい。評判が良いことは知っていましたが、体験してわかる納得感。ご飯が来るのを楽しみにする飛行機もなかなかないんじゃないですかねえ。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

エビのマリネ、おいしい。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

国産のそば。おいしい。

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

野菜がすごくおいしいいいいい!!!

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

サーロインステーキは普通に専門店の味…!

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

チーズが無限ワインになるくらいおいしい。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

インポートものハーゲンダッツでとどめをさされます。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

エビ系料理はとくにおいしい。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

李錦記のソースがついてきて嬉しい。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

好きなだけフルーツを食べ。

 

Business Class CathayPacific HND to HK キャセイパシフィック航空ビジネスクラス

オリジナルチョコレートのサービスまで!!!

飛行機って「疲れる」ものじゃなくて「楽しむ」ものなんだって、よくわかりました。ありがとうキャセイパシフィック航空。

 

エアロプレイン雑感

余談ですが、僕はラグジュアリーホテルが好きなんですよ。あの非日常感には、少し多めのお金を払ってもいいと思っています。

それと同じような感覚が、ビジネスクラスにもありました。飛行機の中ですが、確かにここはラグジュアリーホテルでした。新しい世界の扉を開いてしまった気がします。

 

この旅行について

この旅行は、英国政府観光庁と、キャセイパシフィック航空さんのブログレポーター企画に参加しており、個人的な買い物以外の全てを提供いただいております。
羽田〜香港〜英国を旅する7日間を随時レポートしていきます。

英国旅行の記事一覧はこちら
英国旅行記事一覧

詳しくはこちら。
キャセイパシフィック航空で行く マンチェスター&ロンドンの旅!

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。