Home / 製品/サービスレビュー / / 信じられん。砂浜の上を車やバスが普通に走る「千里浜」@羽咋駅

信じられん。砂浜の上を車やバスが普通に走る「千里浜」@羽咋駅

能登半島観光

ニッポンセレクトさんの企画にて、能登半島・金沢に行きました。取材後、金沢に行く途中にある「羽咋(はくい)駅」で途中下車をしたんですが、この駅には2つの特徴がありまして、そのうちのひとつがこちら「千里浜」です。



スポンサードリンク

海沿いに住んでいた人間には本当に信じられない光景

こちらの浜、水曜どうでしょうで大変有名になった浜で、なんと、砂浜の上を自動車で走ることができるのです。

これ、どんだけすごいことかって、海沿いに住んでないと伝わらないかもなあ。恐るべきことなんですよ!普通は車が壊れます。

 

なんて安定した「道路」なんだ…

そもそもこちらの砂浜、「千里浜ドライブウェイ」と名前が付くほどで、県の土木事務所管轄になっているようです。

それでは早速。

能登半島観光

おお、普通だ。普通に道路だ。安定しすぎてる(笑

景色だけが完全に未知のもの。これって砂浜走れる車じゃないと見られなかった景色ですよね。

 

能登半島観光

あれはなんだ?

 

能登半島観光

バスだ。

まじか。バスでもいいのか。

公式サイトによれば

車で走れる砂浜の秘密は、砂のきめの細かさにあります。砂一粒一粒が海水を含んで引き締まり、4WDでなくても砂浜を走れます。大型観光バスでも24時間自由に走行可能で、自転車(ロード)やバイクでの走行もできます。能登半島ツーリングの際にはぜひ通行してみてください。ちなみに一輪車でも走れます。
車で走れる砂浜 千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ|各課・施設|羽咋市
http://www.city.hakui.lg.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=595

とのこと。タクシーの運転手さんいわく、夏場は普通に海水浴でにぎわうけど、その脇をびゅんびゅん車が走るよ(笑)というカオスな状態になるのだとか。なんだそれ…。

ということで、状況がわかりやすいので動画をどうぞ。それにしても、タクシーの運転手さん、ノリノリである。

驚き体験だ…。

全てを受け止める砂浜

何が凄いって、バスが走っていたことですよ。あんな重量あるものでも、普通に走ってる。むしろ雨の日の泥道より安定してた気がしますよ。振動がそんなにないのも、動画みてわかりますよね。

日本広い。日本奥深い。

タクシーの運転手さんも「千里浜走りたいんですけど」という無茶な要求にお答えいただきまして、ありがとうございました。

 

関連リンクなど

車で走れる砂浜 千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ|各課・施設|羽咋市

 

 

ブロガーセレクト

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。