Home / 旅行記事 / 東京近郊 / 部屋にエスプレッソマシン(ネスプレッソ)があったのは想定外に嬉しかった@パークハイアット東京

部屋にエスプレッソマシン(ネスプレッソ)があったのは想定外に嬉しかった@パークハイアット東京

パークハイアット東京

先週末、寝込んでいた年末年始を忘れるため(笑)、セール価格で出ていたパークハイアット東京に宿泊してきました。その際、部屋にエスプレッソマシンがあったのですが、これが思いのほか嬉しかったのでエントリー。



スポンサードリンク

ホテルの部屋でエスプレッソが飲めるのって、なんだか贅沢

おおよそのホテルや旅館では、ティーバッグやお茶の提供があると思います。場所によってはコーヒーも提供されることはあると思うのですが、部屋でエスプレッソが飲めたのはこれがはじめてでした。マンダリンオリエンタル東京(2012)やコンラッド東京(2013)にも泊まったことがありますが、記憶の限りではなかったな。部屋のグレードによるかも知れませんが…。ちなみにハイアットでは標準的な部屋です。

して、設置してあったのはネスプレッソ。一般的な機種ですが、あるだけでぜんぜん違うよ!嬉しい!と思いました。

パークハイアット東京

棚に格納されておりますので、必要な時だけ扉を開けて使う感じです。

実はドルチェ(普通のコーヒーのほう)は使ったことがあったのですが、ネスプレッソ(エスプレッソのほう)を使うのは初めてだったので、わりとドキドキしました。

ちなみにパークハイアットでは、コーヒーが3種類から選べました。

パークハイアット東京

とりあえずはカプリチオを飲んでみようかと!

 

想像よりぜんぜんうまいぞこれは

使い方は簡単で、電源を入れて30秒でお湯がスタンバイとなるので、正面のレバーを起こしてエスプレッソカプセルを入れ、レバーを戻して、抽出ボタンを押すだけ。カプセルを入れる方向にちょっと戸惑いましたが、実質的には1分あればエスプレッソが入る、って寸法ですね。ちなみにお水は当然ホテルの方が補充してくれてありますので、準備の必要なしです。

パークハイアット東京

ガーって音と共に、デミタスカップへと抽出されます。ちゃんとデミタスカップおいてあるところが、パークハイアットえらいなあと思いました。

 

パークハイアット東京

座り心地のよいソファにすわって、関東平野と富士山と空を長めながら、朝のエスプレッソ。ああ、これは贅沢だ。ネスプレッソとか特に欲しいと思ってなかったけど、これはいかん。この場で「2割引で持って帰れます」とか言われたら危ないレベルですね(笑

ということで

朝、お湯を沸かしてお茶なり紅茶なりをいれている手間を考えたら、とりあえずエスプレッソを出して飲むってのはお手軽でいいかもなあ。コーヒーは豆で買えば道具があるけど、エスプレッソはマシンを買わないといれられないからなあ。ネスプレッソが部屋にあるってのはとっても意義があるのだと思いました。カプセルを使っているので粉の廃棄も楽ちん、これはよくできてるわ。

なお、気になるお味ですが、ちょっとびっくりするほど本格派でした。香りもいいし、苦みも良好。なによりちゃんとコーヒーのオイル感や甘みが感じられて、チェーン系のお店で頼むものとそこまで大きな違いがあるようには思えませんでした。日本の軟水で入れないと味的にダメということですので、ご自宅で使う場合は国産軟水を使いましょう。

うーん、置き場所さえクリアできるなら。

 

Nespresso: カプセルコーヒーとコーヒーメーカー

 

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。