カフェタマ@新都心改札すぐ横は、埼玉県の味覚と電源を兼ね備えたうまいカフェ #さいたまツアー

2015/01/03さいたま市(大宮・与野・浦和)の記事カフェ, 与野

Translate:

カフェタマ

さいたま市ブロガー・プレスツアーのレポート中。さいたま新都心の改札外左側にて、4月13日にオープンした「埼玉県の食材の魅力を伝えるカフェ」がカフェタマです。

上野駅「のもの」に次ぐ再発見系カフェ

こちらはジェイアール東日本フードビジネスさんが、上野駅「のもの」に次ぐ地域限定物産・カフェとしてオープンしたもので、特定の県の食材にフォーカスを当てたのは初の試みだとか。

カフェタマ
ロゴは埼玉県の花であるサクラソウをモチーフにしています。

 

カフェタマ
カフェと言ってもそこはスーパーアリーナの目の前、テイクアウト用の窓口があります。

 

カフェタマ
店内はカウンター主体で全38席。完全分煙で、うち禁煙席が25席です。壁際のカウンター席には電源も完備していて、軽い作業なんかにはとても向いていそう。

 

カフェタマ
こちら昼間のメニュー。ドリンク系が充実している気がします。

 

カフェタマ
コエドビールが5種類あります。

 

カフェタマ
唐揚げカレーは空腹時にどうぞ。

 

カフェタマ
今回は狭山茶の抹茶を使ったわらびもちをセレクト。付け合わせは当然狭山茶です。コクがあっておいしい。

ちなみに「さいたま市」の食材はまだ無くて、これから検討をしていく状況だようです。

 

改札脇、券売機の隣にどどーんとオープン

カフェタマ
このカフェタマ、本当に改札と目と鼻の先。すぐ隣は券売機です。

 

カフェタマ
現在のカフェタマ、平日はビジネスマンと主婦層。休日はスーパーアリーナやコクーンに来た若者などが主なターゲットであるそうです。カフェタマでソフトクリームを買ってスーパーアリーナへ向かう…というのは王道になりそうな予感もしますね。個人的には、店内とテイクアウトでメニューが別々になっている点が気になりました。せめてテイクアウトの品は店内でも買えるようにしてほしいかな(ソフトクリームなど)。

 

カフェタマ
正面には今回のツアー主催の、さいたま観光国際協会が運営する観光案内所も。新都心のこのゾーンは、反対側にコーヒーショップもありますし、ロイホもあったりと、充実してきましたね。何より改札前が開けていて広いのがいいよなあ。まだまだ開発されて盛り上がりを生む余地のあるゾーンだと思いますので、これからも楽しみです。

ということで!さいたまスーパーアリーナに来ると、駅→スタジアムの往復で終わってしまうことが多いかもしれませんが、ぜひ余裕をもってお越しのうえ、カフェタマにて埼玉県の味をご賞味ください。

 

関連ランキング:カフェ | さいたま新都心駅北与野駅