Home // 製品/サービスレビュー // イベントレポート // 【緊急リポート!】カップヌードルの謎肉は生きていた!

【緊急リポート!】カップヌードルの謎肉は生きていた!


トップバリュ カップヌードル -crop

日清のカップヌードルが進化しコロチャーが導入されて以来、絶滅の危機に瀕していると思われた謎肉。その謎肉が群生しているカップヌードルがあると聞き、隊員は一路イオン系列の店舗目指して冒険の旅に出たのであった。



スポンサードリンク

謎肉についておさらい

謎肉とは…日清のカップヌードルに古来よりカヤクとして存在していた、何らかの肉を固めたであろう、謎の肉っぽい物体のことである。この謎肉のスパイシーさとチープさが日清のカップヌードルの象徴であったと言っても、過言ではないだろう。

ところが、その謎肉は残念なことに現行のコロ・チャーに変わってしまったのである。謎肉は惜しまれつつも世間からその存在を消した…と思われていた。

トップバリュに光明あり

そこでトップバリュ、である。トップバリュとは、イオン系列の店舗が取り扱っているプライベート・ブランドの総称。プライベート・ブランドとは、小売店が有名メーカーの工場を間借りしたりすることで、製品のOEM提供を受け、安価に販売する仕組みで、実際トップバリュのヌードルは日清が作っている(らしい)。

と、いうことは、である。もしトップバリュのヌードルがコロ・チャーを導入していなければ、謎肉が含まれているのではないだろうか?というのがこの調査のきっかけであった…。

というわけで、眠くなってきたので以下サクサクッとご紹介。

果たして謎肉との再会

トップバリュ カップヌードル

トップバリュ カップヌードル

トップバリュ ヌードルのフタを開けると、そこには謎肉らしき物体が!まさか…!?

トップバリュ カップヌードル

トップバリュ カップヌードル

お湯を注いで3分待ってみたところ…そう、これ、これだよ!まさに謎肉!あの謎肉はトップバリュで生きていた!謎肉は絶滅していなかったんだァァアアア!

もちろん味もあのチープさも謎肉そのもの。正直、これ日清のカップヌードルほとんどそのまんまですな。さあみんな、謎肉が恋しくなったらイオン系列のお店へダッシュ!

ちなみに単品価格は88円。この値段で古き良きカップヌードルが食べられるのは最高です!

追記

スープヌードルの中でも存命しているそうです!それは知らなかった!

関連リンク

カップヌードルをぶっつぶせ! - 創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀
安藤 宏基
中央公論新社
売り上げランキング: 17181
おすすめ度の平均: 4.5

5 面白い会社ですね、日清食品
3 DVDは懐かしい
5 二代目が書いた経営書




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA