Home // 雑学/ニュース // アフィリエイト // クラブメッドでお気軽バリの旅(出発前編)

クラブメッドでお気軽バリの旅(出発前編)


club med

クラブメッドのリゾート体験レポーターというものが当たりまして、なんと、なんとですよ、たった1万円でバリへ行けることとなりました。しかもクラブメッドですから、この料金で飲食も旅費も宿泊費用も全部込みこみです。いやっふぃー!

ということで、まずはそんなクラブメッドのご紹介です。



スポンサードリンク

クラブメッドってなに?

クラブメッド
とは、オールインクルーシブタイプの旅行を提供してくれる、いわばリゾート専門の旅行会社。オールインクルーシブとは

旅行代金には宿泊費、滞在中のお食事、ドリンク、お子様をお預かりするミニ・ジュニアクラブなどが含まれています。

営業中はシャンパンなど豊富な種類を取り揃えたバーを1日中ご利用いただけます

コンシエルジュ・サービス、ミニ・バー、ビーチ&プールサービス、ディナー時にグラスでのシャンパンがご利用いただけます。

とのことで、例えば今回のバリであれば、申し込み料金の1万円以外に必要な費用は空港利用税とビザの料金のみ。あとは燃料代もサーチャージも食事代も酒代も、とにかく何にもお金がかかりません。聞いたところによれば、現地で遊ぶのに使うとしても1万円くらいをドルにして持っていけば、お釣りが来るだろうとのこと。こんな凄いことってあるのだろうか!?

って、まあ本来ならば3泊5日で10数万円かかるツアーなんで、それぐらいの手厚さがあってもいいのかもしれませんね。

ちなみにクラブメッドの仕組みはかなり特殊。クラブメッド
は、いわゆるオリンピック村のような滞在施設を各国に持っていて、利用者はそこでリゾートバカンスを楽しむこととなります。ですから、治安の面やサポート、サービスの面で一定以上の質が常に保たれることとなるのです。もちろん施設を出て街に出ることも出来るようですが、僕のようにそもそも飛行機が2度目、海外なんて初の経験です!という旅行初心者が申し込むにはぴったりのツアーなんじゃないでしょうかねえ。

ちなみに今なら2人目半額なんて破格のサービスもやってます。恐らく日本での認知度をもっともっと高めたいんでしょう。

club med

ちょっと残念というか不安点

もしこのクラブメッドに不安な点があるとすれば…外資系ならではの、まったく日本向けにチューニングされていないぶっきらぼうなWebサイトでしょうか。テキストの歯抜けも多いし、サイトの構造もちょっと謎。ああ、プロデュースを任せてくれれば美しく仕上げてあげるのに…。ずいぶんこれで損していると思うんだけどなあ。旅行案内者の日本語も若干たどたどしかったり。

でもまあ、現地には日本人の案内役(G.O:ジーオー)がいるそうですので、正直そんなに不安視はしていませんけどね。

というわけで!初の海外!初のクラブメッド!そしてバリを堪能してきたいと思います。おおーバリが僕を待っているー。

クラブメッドはこちらから




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA