- 日常を少し楽しくする、レビュー&雑学ブログ -

パワーポイントで配布資料を上手に印刷するTips

2008.01.27

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアしていただけると励みになります!

ppt-top.jpg

会社の会議やプレゼンなどで、パワーポイントで作った資料を印刷して配布する機会は多々あるかと思います。外部向けの資料であれば1枚に1ページしか印刷しないかもしれませんが、社内向け資料の場合には「配布資料」機能を使うなどして1枚に複数ページを印刷し、なるべく紙を節約しておきたいものです。ただ、普通にパワーポイントの配布資料として印刷すると余白がすごいことに。そこで、なるべく余白を少なくして配布資料を印刷するためのTipsをご紹介。

スポンサードリンク


普通に印刷するとどうなる?

パワーポイントの資料を印刷する際、紙を節約するために「配布資料」で印刷する人は多いことでしょう。配布資料とは、数ページ分を1ページに並べて印刷するためのモードです。実際に印刷してみるとこうなります。

そのまま印刷すると余白がでかい

↑みてわかるように、余白がかなりでかくなります。もちろん余白はコメントを書き込むスペースとして有効に活用できますが、ここまで大きくなくても問題ないはずです。なにより、文字が小さくなってしまって読みづらくなるのが玉に瑕。

プリンタの機能である「集約」を使おう

そこで活用したいのが、多くのプリンタが備えている「集約」という機能。これは複数のページを1枚に印刷するもの・・・つまり、パワーポイントでいう「配布資料」と同じ機能なのです。パワーポイントが余白を多くあけてしまうのに対し、このプリンタによる「集約」では可能な限り余白を無くしてくれます。実際に印刷するとこのような感じです。

どうです?かなり大きく印刷されていますよね?

パワーポイントの「配布資料」と重ねてみても、大きさの違いが一目瞭然です。

どうやったら「集約」できるの?

この「集約」機能、使ったことが無いという人も多いことでしょう。どこで設定できるかといえば、印刷時に選択できるプリンタの「プロパティ」もしくは「詳細設定」からです。その中に「集約」ですとか「レイアウト」ですとか、まあそんな感じの項目があるので、そこから設定してみてください。

ちなみに3ページを1枚なら用紙を縦に、4ページを1枚なら用紙を横に印刷するのがオススメ。まあこれはパワポの「配布資料」と同じですね。

白紙が不要な配布資料を印刷するときには・・・ぜひともお試しアレ。

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 936
おすすめ度の平均: 4.5

4 人は関心のあるものしか見えない。
5 使いやすい
4 甘く見ると痛い目にあう
3 地道に勉強するのが唯一の方法
5 問題発見こそ問題解決の近道

プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。 小沢 正光

おすすめ平均
starsひとつの仕事の仕方として
stars大切なことだけ、きっちりの良書
stars勇気付けられた!
stars本質的な「気づき」を与えてくれる
starsプロフェッショナルな本です。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


このエントリーをはてなブックマークに追加
「いいね!」していただけると励みになります!

スポンサードリンク&Facebookページ



関連記事

最新情報の購読をお願いします!

毎日更新!こちらよりRSSのFeedを購読ください!
follow us in feedly

管理人とブログについて

管理人:のりお、中山記男 ( norio_airoplane )
大学院での研究の傍ら、ネット誌やR25などで長らくライター活動をしていました。最近は自治体のPR活動への協力にとても興味があり、さいたま市ともいくつか取り組みを行っています。>大宮盆栽、ブロガーにPR
またJFA公認C級サッカー・フットサルコーチライセンスを所有し、サッカー系コラム執筆やコーチも行っています。

ブログ「エアロプレイン」は2000年より更新中。細かいコンセプトは変わりつつも、本筋としては国内外の役立ち情報と雑学、そして話題の紹介です。
趣味の写真をオープンに公開しています。海外からのアクセスがかなり多いのが特徴です。> norio.nakayama
G+プロフィールはこちら G+Pageはこちらエアロプレイン
合同会社オラニエ代表。

お仕事のご依頼お待ちしております

製品や地域に関するPR相談、ブロガーイベント企画・実施、取材や記事広告をはじめ、Webを通じた施策全般のコンサルからサービスのプロデュース、サッカーやフットサルのコーチまで、相談にのっております。予算に応じた柔軟な対応が可能ですので、まずはお問い合わせください。 →お問い合わせはこちらから。
ページ上部へ戻る