【きたかた食堂】喜多方ラーメン+海鮮丼がタッグを組む魔性の行列店@西新橋

おいしいものだけ紹介します(食全般)ラーメン, 新橋, 虎ノ門

kitakata-shokudo

今日はうまい無化調ラーメンと海鮮丼が食いたいな…そんな日が無いだろうか。実際、僕もめったにそんなことは無いのだが、ちょっとした興味で探してみたらあったんです。会社の近所に。

西新橋の喜多方ラーメン店「きたかた食堂」では、絶品の喜多方ラーメンに、4種類の海鮮丼を好きに選んでセット化できるという、ちょっと意味がわからないお店でした。しかし実力はホンモノ。13時過ぎでも行列ができるほどの人気店です。

ラーメンよし、海鮮丼よしの一石二鳥

20190108-IMG_3981

きたかた食堂は、西新橋と汐留のちょうど境目くらいにあるお店で、場所をしらないと通り過ぎてしまうほどに小さなお店。そもそも「食堂」と書いてあるので、一見ラーメン屋とは思わないかもしれませんね。

店内はうなぎの寝床方式で奧に長く、カウンターのみ。最初に食券を買ってから並ぶパターンです。

味は基本的に醤油か味噌。それぞれ背脂無しの「すっきり」か有りの「まったり」が選べます。お値段は驚きの醤油650円、味噌700円。きょうび、デフォのラーメンでも800円する時代で、650円は破格です。この値段も人気の秘密ですね。

20190108-IMG_3984

 

そしてこのお店のもうひとつの看板メニューがこちら、「江戸前 小丼」と呼ばれる海鮮丼4種類。「トロたくちらし」「特選本鮪の漬け丼」「真鯛の昆布〆丼」「鯛と鮪の江戸前丼」それぞれが、250円〜400円でラーメンとセットにすることができます。

ということで、今回は「味噌ラーメン まったり」と「鯛と鮪の江戸前丼」を選択。それでも1,100円ですからね、かなり安い。驚きです。

 

広告

具は少なめだが後を引く風味の「味噌 まったり」

この日は13時20分頃に到着したものの、満席で少しだけ待った後、着席してから4〜5分ほどでラーメンと丼が到着。

きたかた食堂

具は2種のチャーシューにメンマ、そしてかいわれと見た目美しい。まったりにしたので、背脂がたっぷり浮かんでいます。

きたかた食堂

麺は喜多方らしく平打ちのツルツル麺。これ、好きなんですよね。

味噌は奇をてらわないストレートな風味。無化調なのも手伝って、とても優しい味わいです。ほのかな甘みが後を引きます。

 

きたかた食堂

一方でこちらが「鯛と鮪の江戸前丼」。ご飯は当然酢飯です。実はラーメンと酢飯の組み合わせって、はじめてかも。単品として完成度高いです。

ただ、ものすごく正直なところ、味噌ラーメンと酢飯はそこまで相性良くないかもですね。醤油ラーメンのすっきりに合わせたいかな。

 

のりおのまとめ

味噌ラーメン、うまい。海鮮丼、うまい。ただ、味噌ラーメンには、やはり白米がベストマッチな模様でした。

このきたかた食堂、実は朝7時からラーメンもしくはお粥が食べられる店としても重宝されているのだとか。喜多方ラーメンには「朝ラー」文化があるようです。

 

きたかた食堂

東京都港区新橋5-9-8 永島ビル 1F

きたかた食堂 – Google マップ

きたかた食堂 – 新橋 | ラーメンデータベース