昭和のトミカが発掘されたので、少しずつ紹介します。第1弾は科学消防車など

おいしいものだけ紹介します(食全般), 育児, 自動車・鉄道など乗るものおもちゃ, トミカ

昭和のトミカ

自分の子どもがトミカで遊ぶようになったのですが、そういえば実家にも僕が遊んでいたやつあったな…と思って発掘したところ、なんとなんと、昭和40年〜50年前半のものを譲ってもらって遊んでいたことが判明しました。

遊び尽くしてボロボロになっていますが、当時のトミカを少しずつ紹介しようと思います。

第1弾は化学消防車、ボンネットバスなど。

 

東急化学消防車

昭和のトミカ

1975年(昭和50年)のトミカナンバー94がこちら、東急化学消防車。実はこの消防車にはすごく思い入れがありまして、例のはたらく自動車絵本でも大好きな1台でした。

 

運転席上部の散水口が稼働します。化学消防車なので、水ではない何かを出す…のだと思われます。

 

日産 ディーゼル ジェットパック

昭和のトミカ

1970年代?に発売されていた、トミカナンバー42の日産ディーゼルジェットパックです。台車が他の日産ディーゼルと共通なようで、型番から車名が探せず苦労しました。パック部分の塗装がはがれてしまっていますが、ここにはジェットパックと書いてあったようです。

なお、ジェットパックは主に粉状のものを運ぶ車なんだとか。

 

アメリカントラクター

昭和のトミカ

トミカナンバー54のアメリカントラクターです。今でも通用するようなカッコイイフォルムに、赤色が目を引きます。ガラス部分がもとからこの色だったかは定かではありませんが、黄色っぽくなっていてレトロでかっこいいですね。

 

昭和のトミカ

プラスチックパーツを多用していますが、後方のパーツは金属です。

今も昔もトラクターは健在ですね。

 

いすゞ ボンネットバス

昭和のトミカ

昭和の王道トミカが発掘されました。トミカナンバー6の、いすゞボンネットバスです。このフォルムは今見ても完成されていますよねえ。

昭和のトミカ

今回発掘されたものの中では、比較的状態も良かったです。

中では石炭ストーブとか焚かれたんでしょうか。

 

のりおのまとめ

子どもにとっては同じ車、ということで、他の最新トミカと遜色なく遊んでくれています。いったいここまで何人の手を渡ってきたのかは不明ですが、少なくとも誰か→僕→息子と、3代にわたることは間違い無く。トミカって息の長いおもちゃだなあと感心しますね。

まだ発掘された箱の中には大量のトミカが入ってますので、忘れた頃にまたレポートします!

 

最近注目のトミカ