キングソフトの新作 Office 2012 発表会で富麗華に行ってきた #kso2012

2011/10/11イベントレポート, サッカー/フットサルご招待, レポート

キングソフトさんにお呼ばれして、Office2012の発表会に行ってきました。キングソフトといえばネトラン時代にも何回かチェックしたことのある商品を出している会社。なんとなく懐かしいなあと思いつつ発表会を眺めました!

富麗華おいしいよ富麗華

KINGSOFT Office2012 発表会

今回の会場は、日本でも指折りの中華の名店「富麗華」。ご存じミシュランで2つ星のお店ですね。

こんなお店を選ぶなんて、キングソフトはずるいぜ…誘われたら絶対行くもんね。

KINGSOFT Office2012 発表会

KINGSOFT Office2012 発表会

この日はランチだったので、お品書きはこんな感じ。3品目に噂の北京ダックが!

さて、キングソフトの製品発表会。

KINGSOFT Office2012 発表会

日本法人の翁(オウ)代表が熱弁をふるいます。

正直、初期の頃のキングソフトOfficeといえば、ワード「風」のワープロソフトではありましたが、微妙な日本語と疑問の残る互換性で「うーん」という感じだったのを覚えています。

そのキングソフトOfficeが!

 

ということで、料理の前に新製品発表会です。

 

実況的な

 

  • キングソフトの新製品発表会を適度に実況します! #kso2012 posted at 11:42:09
  • キングソフト代表のオウさん「2007年からMSに挑んでキングソフトオフィスを販売している。MS以外の選択肢を提供した。また4980円という低価格・高い互換性をウリに、互換オフィスソフトの販売本数としてNo.1」 #kso2012 posted at 11:45:45
  • オウさん「いままでで145万ライセンス。高いCPを評価してもらい、DELLやlenovoなどのプリインストールとして提供してもらえるようになった。いまスマートフォンが著しいスピードで増加している。仕事のスタイルが変わってきている」 #kso2012 posted at 11:47:42
  • オウさん「タブレットなど、PCとモバイルの境界線は薄れてきている。新しい・広いユーザのニーズに応えるため、新製品を発表する。まずはキングソフトオフィス2012。Kドライブというストレージサービスと連携する。MSオフィス2007以降との互換性を高めた」 #kso2012 posted at 11:49:07
  • オウさん「キングソフトオフィスfor Android2.0 閲覧だけでなく、新規作成、編集もある程度できるように。もちろんKドライブとも連携できる。価格は2980円。本日より販売開始」 #kso2012 posted at 11:50:59
  • オウさん「パソコン向けオフィスソフトから、マルチデバイス・モバイルシーンにも対応したものに進化する。いつでもどこでも、閲覧、作成、バックアップ。社内はすでにメールの添付でなくKドライブのファイル共有に切り替えている。発表会の準備もAndroidで修正・更新した」 #kso2012 posted at 11:52:48
  • オウさん「キングソフトはこれからも端末の進化、環境の変化に対応していく。これからもよろしくお願いします」 #kso2012 posted at 11:53:28
  • 2012と for Androidの説明をフェン?さんから「2012では、UIをリボンスタイルと旧スタイルで切り替えられる。(MSとキングソフトオフィスとの画面比較が行われています。ほとんどいっしょ!)スマートアートにも対応。表示・編集可能」 #kso2012 posted at 11:58:01
  • フェン?さん「for Android 2.0 では、いままでの閲覧だけでなく、編集機能を備えるようになった。スマホの小さな画面でも使いやすいUIを実現した。ボタンは隠しておき、タップするとリボンメニューが表示される」 #kso2012 posted at 12:01:32
  • フェン?さん「PC版の2012に比べてほとんど表示くずれがない。グラフの表示にも対応している。もちろん表を編集すればグラフにも反映される。スライドも高い再現性を実現。」 #kso2012 posted at 12:04:17
  • フェン?さん「スライドのテキスト編集はこれから対応する。Kドライブボタンを押すと、すぐにストレージにアップされる」 #kso2012 posted at 12:07:11
  • 販売戦略の話「観光庁・自治体向けのガバメントライセンスを提供開始する。MSオフィスの課題は予算、サポートが終了してしまうこと。ガバメントライセンスでは通常5480円だったものを1980円/ライセンスで提供する。実質MSの1/10コスト」 #kso2012 posted at 12:09:42
  • 「導入メリット。オープンオフィスに対して、MS9702010までのデータに対応。メール、電話でサポートがある。定期的なバージョンアップもある。MSに比べたらかなりの予算削減になる」 #kso2012 posted at 12:11:32
  • 「受付は本日から行う。最小10ライセンスから購入できる。次に国内上場企業向けの無償提供プログラム。MSに対する企業の悩みとして、高額な更新料、バージョンの問題、UI変更による研修費用がある。この問題を解決する」 #kso2012 posted at 12:14:09
  • 「1企業につき1000ライセンスまでを、1年間無償で提供する。MSに対して、1000ライセンスだと単純計算で203000万のコストダウンになるはず。運用、検証、導入の問題はこれでクリアできるのでは」 #kso2012 posted at 12:15:53
  • 「この1年間をトライアル期間としてとらえてもらってかまわない。仕事に問題がでないことをじっくり確かめてほしい。自信を持っている。このプログラムも本日から受付を開始する。2012standardにフォントを29種類追加したバージョンを用意した」 #kso2012 posted at 12:17:44
  • 「無償期間内でもメール・電話のサポートを行う。来年の3月末日までが無償プログラムの受付期間なので注意してほしい」 #kso2012 posted at 12:18:37
  • 完全にMSのシェアを食いに行っているんだなあ。マック版のオフィスとどちらが使いやすいんだろう。実はマック版のオフィスは買う気が無くて困っている…ってマック版ないのか…残念すぎる #kso2012 posted at 12:20:30

きけばワードに関しては99%以上の互換性を誇るとか。エクセルも主要関数は移植されており、要望を受けて必要な関数などが次々と増加しているよう。気になるのは、クライアントとのファイルのやりとりに耐えられるのか?ということですが、キングソフト曰く「わからないだろう」とのこと。そもそもこちらが受け取ったWordのファイルでさえ「キングソフトオフィスで作った可能性がありますよ」という強気の発言。それほどの完成度になったんだなあ。

ほんと、昔は(言葉は悪いけど)安かろう悪かろうだったのに、立派になって…。既に官公庁での導入実績もあるらしく、もしかしたら、これはこの先面白い状況になるかもしれませんね。

ということで発表会は終了。

KINGSOFT office2010 standard フォント同梱 CD-ROM版
B0045JIR4I

懇親会では、アジア以外でもキングソフトの製品が活躍していることや、日本語化が国内で行われていること、人海戦術で製品をどんどん良いものにしていることなど、若干コアな内容を聞くことが出来ました。

個人的には、マックのほうでオフィスが無くて困っているから、さくっとマック版を出して欲しいなあ…とか思ったり。いや、仮想環境でWindows立てろって意見はわかるんですけど!そこは!マック初心者なんで!

 

はあはあ。

 

まだ、気を緩めてはいけません。ここからの本題は富麗華のランチにほかなりませんのですから!

 

ということで、ランチ編は次のエントリに続く。