一撃ノックアウト、好みど真ん中「麺屋7.5Hz 新橋店」で深い満足度につつまれる

おいしいものだけ紹介します(食全般)ラーメン, 新橋, 虎ノ門

会社が虎ノ門に移って以降、精力的にランチスポットの開拓を続けています。西新橋って再開発された地区なので、新しいお店とめちゃくちゃ古いお店が混在してて面白いんですよね。

中でも特に力を入れているのはラーメンなのですが、今回「もう虎ノ門で僕がこれ以上の満足度を得るラーメンはないかもしれない」と感じるお店がありました。

好みど真ん中、直球ストレート、こんなに僕向けのラーメンがあったのかと驚いたお店こそ「麺屋7.5Hz」です。

大阪では有名らしいお店の東京初出店

麺屋7.5Hz…ヘルツ?という奇妙な屋号のこちらのお店は、大阪は高井田地区で有名なお店の東京初出店なのだそう。7.5Hzというのは人間がもっともリラックスしている時の脳波を指しているそう。なんとも検索に向いていなさそうな店名で心配してしまいますが、そこは大阪商人の「シャレ」が効いたセンスなのかも。

お店は食券制で、大きな選択肢としてはスタンダードなしょうゆ、塩、つけめんの3種類。

もちろんここではスタンダードな醤油(中華そば)を選択…って、や、安い。小だと580円、中でも680円ですよ!久々に見ましたねこの価格は。

さらに脇にはご飯もセットになった「中華そば(中)セット 850円」なる凶悪なメニューが。トッピングの玉子も追加されている模様で、おい、これだよ!

ってことでこちらを注文。太麺とのことで麺ゆでが長そうなので、ゆっくりと待ちます。

店内はL字型カウンターで、鰻の寝床のごとく奥に長いタイプ。新橋ってこのタイプ、多くないですか?

そうこうしていると、完成されてラーメンが運ばれてきます!

 

衝撃的なまでに僕好みの醤油ラーメンが登場する

img_2018

うわーなんだこりゃ、好みど真ん中じゃないか!

鶏ガラ系の出汁で透明度のあるスープ、中太麺、ザクザクのネギ、ある程度トロリとしたチャーシュー。くわーーうまい、うまい、なんだこれはーっ!

どうやらこのラーメン、以前感銘を受けた燕三条のラーメンよろしく、労働者向けの無骨な(しょっぱい)味付けとして広まったんだそう。名付けて「高井田式ラーメン」。すげー。これは現地で食べてみたくなりましたねえ。

うーん、うまい。醤油ラーメンはしばらくここでいこう。

 

エアロプレイン雑感

実は気に入りすぎて2週間のうちに何度も行ったのですが、多少の味のブレと具の増減が認められました。おじちゃんが作っている時がベストだったかな。ぜひ濃い目で安定して突き進んで欲しいところです!

 

麺屋7.5Hz 新橋店

東京都港区西新橋1-22-1 【地図
TEL 03-6457-9858
AM 9:00からPM 22:00(平日)
AM 9:00からPM 15:00(土)
定休日 日・祝

麺屋7.5Hz【メンヤナナテンゴヘルツ】の公式WEB Site