プレミアム角瓶は、山崎と白州のいいところどり。2,000円以下だがストレートでもうまい!

2013/05/20おいしいものだけ紹介します(食全般), イベントレポートご招待, ウイスキー, サントリー(Suntory)

サントリー プレミアム角瓶 大試飲会

サントリーさんにお誘いいただきまして、サントリー プレミアム角瓶 大試飲会 に参加してきました!結論から言えば、プレミアム角瓶は、シングルモルトの雰囲気を残した素晴らしく上質なブレンデッドウイスキーと言えます!これはうまい!!!!

一撃で「売れるよこれは」と確信

いやー久々に痺れましたね。僕は22歳からモルトをたしなんでおりまして、その世界に足を踏み入れてはや13年。やっとモルトについて多少なりとも語る事ができるようになってきたかな?という身分ではございますが、うまいウイスキーと、そうでないものの区別は付きます。もちろん主観ですけどね。

で、このプレミアム角瓶がどうかと言われたら、めっちゃうまいですよ。もちろん5,000円や10,000円以上するウイスキーと勝負しろとは言いません。でもね、日本から2,000円以下でこの味のウイスキーが出てきた事って、すごいことだと思うんですよ。これ、海外に輸出したって相当売れますよ。

なにより味が良い。サントリーの持つ蒸溜所と言えば、山崎と白州になるわけですが、この両者のいいとこ取りをしつつ、プラスの方向に向かせているというのが凄い。力強い白州と、ベルベットのような山崎。この2つの特徴をもつなんて…というか、正直いいます。ブレンデッドでここまでおいしいウイスキーって、なかなか希ですよ!

サントリー プレミアム角瓶 大試飲会
「プレミアム」の名前は伊達じゃないね。

 

ハイボールよりもストレート、トワイスアップを推奨

もう少し味に踏み込みましょうか。

いままでの角瓶は、ドライや後味のすっきり感を追求したお酒だったと思うんですよ。だからソーダ系の割り方と相性が良くて、角ハイボールは大ブームになりましたよね。でもプレミアム角瓶は別物です。まず味の深さがまったくもって違う。深い、深い、本当に深い。ブレンダーの底力を見せつけてくれるようなこの深さですよ。2,000円で販売するという現実的なラインにて、よくぞここまで…と思わざるを得ません。

サントリー プレミアム角瓶 大試飲会
そして芳醇な香り。山崎由来であろうこの高級モルトをも思い起こさせる香りは、間違い無しに常温以上で飲む方法に最適。となれば、ベストは…ハイボールではなく、ストレートかトワイスアップでしょう。

*トワイスアップとは、お酒と同量のお水で2倍希釈して飲む方法です

仮にロックだとしたら、良い濃さになったところで氷を抜いて下さい!これで間違いなし。

あとひとつだけ教えちゃいますね。秘密の楽しみ方。飲み終わったグラスを、両手で温めるんですよ。そうすると、グラスの底に残っていたこのプレミアム角瓶が良い感じに揮発して、それはもう良い香りが漂います。これって高級モルトで飲み終わった後にやることなんですが、プレミアム角瓶でも試してみたくなってしまい、実際試しました。とても良い感じでした。

僕は言いたい。こんな安価に素晴らしいウイスキーを出してしまう、サントリーってなんなんだと。このプレミアム角瓶は、これからシングルモルトの世界を覗いてみたい人や、デイリーで飲めるおいしいモルトを求めていた、ウイスキー愛好家にこそ飲んで欲しいと!

いやーこれはいい商品だわ。これからの日本のモルト界、面白いことになりそうですよ。そんなプレミアム角瓶は明日発売開始!

 

サントリー プレミアム角瓶 43度 700ml 1本
B00CGYIABY

プレミアム角瓶 サントリー