韓国の激ウマ家庭料理「鶏鍋」の食べられる「丸鶏 もと家 赤羽総本店」

おいしいものだけ紹介します(食全般), 写真のための記事

ネタフルのコグレさんから、赤羽に面白いお店がオープンすると聞いて、プレオープンに誘っていただきました!そのお店の名前は、「丸鶏 もと家」。なんとも珍しい、韓国鶏鍋を出す店とのことです。

というか、「韓国鶏鍋」ってなんだ!?

 

丸鶏 もと家

 

 

韓国の鶏鍋はとてもリッチな家庭の味

さっそく鶏鍋の説明を…する前に、まずはマッコリで乾杯です。

 

丸鶏 もと家

このマッコリを

丸鶏 もと家

やかんに注ぎ直して提供されるのですが…うまい、このマッコリ、うまい!なんだこれ!微発泡系のなめらかな味わい。確か名前は「釜山マッコリ」だったかな?

店主いわく「日本にはほとんど入ってきていない」とのこと。実は以前「ぐぅ」でマッコリにはまって以来、あの虎マッコリを個人的に購入しては飲んでいたのですが、これはそれに匹敵するか凌ぐくらいのうまさ…するすると気がつけばはやくも2本目!みたいな状態です。ぐびぐび。

で、はやくもほろ酔いになりかけなところで主役の登場です。そう、鶏鍋です!

 

丸鶏 もと家

ずーん!

 

丸鶏 もと家

じゃじゃーん!

すでに完成された状態で提供され、コンロで暖めてホクホクの鶏をいただきます。このとりが、ホロホロで、箸でもう崩れてしまうくらいの食感なのです。そして濃厚なスープ!まさに鶏、鶏、トリ!TORI!と鶏の旨味が攻めてくるわけですが、ここにアクセントを加えるのが、なんと驚きの「マスタード」。

あの黄色いマスタードを小皿でスープにといて、鶏とネギをかっ食らうと… おおおっ???

これは食べたことの無い、しかし、うまい、なんだ、なんだこれ、不思議!

マスタードのつーんとした感じが、絶妙に濃厚な鶏の味と合わさって、味が引き立つというか…想像を超えたおいしいスープが生まれるのです。面白いな。他にも酢や塩などがあり、好みの味を作って食べます。が、僕はあえてシンプルそのままの鶏鍋か、マスタード+酢を少しだけという食べ方を推したい!あれはうまい!

 

丸鶏 もと家

そして次に現れましたは、ゆずすこ。オーナーのウォンさんゆかりの福岡から取り寄せているそうですが、これがまた素晴らしいうまさ。なんでもアジアのほうでバカうれしているそうですよ。ゆず胡椒の液体版だと想像してもらえればいいですかねえ。これもあう、合うんです。そして知らぬうちにマッコリが消化されていきます…。

 

丸鶏 もと家

さて、シメです!まずは韓国モチ(丸餅?)を卵でとじたおじやです!シメといっても、ちゃんと料理として別の鍋で作ってきてくれますから、鶏鍋のスープを飲み尽くしても問題なし!ふわっとろでこれが満腹でも食えてしまう。

 

丸鶏 もと家

さらに出ました、乾麺です。今回のプレオープンですが、このシメの麺を乾麺にするか生麺にするか判定するという、大変重要な役目も我々にはあるのです。

 

丸鶏 もと家

これが、やっぱり乾麺なんですよ。スープをすってとんでもない味を出す乾麺。いやー乾麺がここまでうまいなんて、サッポロ一番で感じて以来です。とにかく、もう「うまい」としか言えないのです。ちなみにうますぎておかわりしました。

 

丸鶏 もと家

はい、こちらは雑炊。頼んで出してもらいました。

 

丸鶏 もと家

ちなみに生麺も試しましたが…うん、乾麺だ、乾麺のが圧倒的にいい!

ということで、鶏鍋という未知の食べ物をみっちり2時間食べさせていただきました。いいね、アジアの未知なる食べ物はとてもいい。

 

ウォンさん熱く語る

ここでウォンさんの登場です。

 

丸鶏 もと家

博多のほうで何店も成功させているやりてのオーナーです!コグレさんとはアメリカで偶然出会ったとのこと。

なんでも韓国では、「丸鶏たべにいくかー!」というレベルで親しまれている食べ物で、鍋を持ってお店に行き、鶏鍋を入れてもらって持ち帰ったりすることもあるのだとか。

 

丸鶏 もと家

またウォンさんが面白くてねえ。ちゃんと食べる人の顔を見て、料理を作るタイプの人です。メニューはこれから色々と試行錯誤する部分があるそうですが、鶏鍋だけは絶対にブレないとか!それだけ自信のある鶏鍋なのです。でもね、これほんと一度食べてみて欲しいです。ホロホロの鶏、たまりません。

ちなみに鶏鍋の小で2600円、大で3000円。まあ間違いなく大で楽しむのがよいでしょう!

ということで1月17日にオープンしてまだ1カ月ほど。これは人気出るだろうなあ。

 

関連ランキング:韓国料理 | 赤羽岩淵駅赤羽駅

鶏本―家族の味、僕の味。韓国・和洋中レシピ50
478973403X