【PR】コンパクトな憎い奴。DR-P215が「ハマる」のはこんな時!

製品/サービスレビューAMN, キヤノン, 記事広告

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

AMNさんとキヤノンさんの企画でお借りして使っている、コンパクトドキュメントスキャナのDR-P125。こいつのウリはそのコンパクトさなわけですが、じゃあどんな状況で「ハマる」のか、それを実際の利用の中からご案内してみたいと思います。

DR-P215

本棚に収納がベスト!

今回レビューしているDR-P215は、「机にしまっておいてサッと取り出せるコンパクトさ」がウリであります。でも待って、一般家庭の作業机に、引き出しって無いことが多くないですか!?うちは無いのです。えっ、しまえなかったらDR-P215の特徴が~…と思いきや、あった、ありました。机の引き出しよりももっとコンパクトで場所をとらずに収納できる場所が。

DR-P215

ここです。

わかります?

DR-P215

これならどう?

DR-P215

あれ!?

DR-P215

そうなんです。このDR-P215、本棚に入れたらそれはもうすっきり収納できたんです。

もう一度見てください。

DR-P215

ジョジョがたくさんあるね…じゃなくて、このDR-P215の違和感の無さ。雑誌と高さが同じだったというのも、違和感が少ない要因でしょうね。うん、決まりだ。DR-P215は本棚にしまおう!

 

広告

毎日はスキャンしない人か持ち歩く人に最適

さて、そんなDR-P215ですが、しまうというシチュエーションを考えると、毎日、頻繁に使うような人よりも、たまーに使うか、もしくは持ち歩く人に最適な機種と言えるでしょう。それは

  • コンパクト
  • バスパワーで動く
  • 基本機能だけならドライバ不要

これら特徴とも一致しています。うわー名刺たまってきたな…と言う時に、おもむろに本棚からDR-P215を取り出し、スキャンしたらまたしまう。うーん、いいじゃないですか。

持ち歩くタイプの方は、とりあえずもらった資料と名刺をカフェやコワーキングスペースでがんがん取り込んでおく、これもいいですよね。ありです。DR-P215は、コンパクトがゆえに、DR-C125などよりもシチュエーションを選ぶと思います。しかし、そのシチュエーションが「ハマれ」ば、これほど強い威力を発揮するものもないでしょう。

 

気になるカードスキャンをお試し

最後に、きになるカードスキャンを試してみました。

おおー。これはちょっと面白い。今回、JFAのライセンスを読ませてみましたが、つるつるした素材のカード(しかも薄い!)でも、しっかりとローディングしてくれたのが嬉しかったです。クレジットカードをなくしてしまうまえに、一通り読んでおこうかなと思いました。免許でもポイントカードでも、標準的なカードサイズならなんでも読み取れます。この作業は半年に1回くらいかな。

ということで、このDR-P215、本棚にしまって、使う時だけサッと出して、またしまう!という使い方を提案したいと思います!ぜひぜひ。

 

Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル
B005X472GS