F-01Cで秋の京都を堪能してきた(カメラ・写真レビュー)

2010/11/26ARROWS F-01C, 京都府(寺社や桜・紅葉)F-01C, 写真記事

keitai7-airoplane02

ケータイ会議でF-01Cをがっつんがっつん使っています。

今回は京都に紅葉狩りに行ったフォトレポートを、F-01Cの写真(オートで撮影)で作成してみました!

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

はんなりとご覧ください

これ、全てオートで撮影して無補正です。

(追記:いくつかだけ、ホワイトバランスのみオートじゃないものがあるかも・・・)

秋の京都 F-01Cにて

秋の京都はもみじまつり。

秋の京都 F-01Cにて

多くの人が訪れます。

秋の京都 F-01Cにて

こんなベタな構図にも趣があります。苔がいいね、苔が。

秋の京都 F-01Cにて

枯山水たまらん。

秋の京都 F-01Cにて

紅葉にも濃淡があるのです。紅色の子もいれば、燃えるような朱を見せてくれる子も。

kyoto

水に映る姿も艶やか。

秋の京都 F-01Cにて

絨毯もそこらじゅうで。

kyoto

日本人は「あか」が好きだ。

秋の京都 F-01Cにて

F-01Cのカメラ、いままでのものより断然良いです。雅です。

秋の京都 F-01Cにて

黄色い方の黄葉もたまりませんな。

秋の京都 F-01Cにて

門、というシチュエーションに萌えます。鳥居でもいい。くぐるもの萌え。

秋の京都 F-01Cにて

塔といっしょ。

秋の京都 F-01Cにて

静。周りにたくさん人がいても、目に映るものはとにかく「静」。

秋の京都 F-01Cにて

これ、「そうだ京都、行こう」そのまんまの構図です。

秋の京都 F-01Cにて

秋の京都 F-01Cにて

この京都懐石がとんでもないコスパだったんですよ。また改めて。

秋の京都 F-01Cにて

山も。空も。白飛びしないで良くおさえられています。

秋の京都 F-01Cにて

燃える!

秋の京都 F-01Cにて

今回の白眉、天竜寺の庭園。ただただ、絶景。

kyoto

常寂光寺の鐘と紅葉。数百年の時を伝えてきた鐘です。

秋の京都 F-01Cにて

そして二尊院の「The 山門」。このあと人がいなくなるまでねばりました。

という感じでした

どうでしたか?秋の京都とF-01Cの写真は堪能していただいたでしょうか。

と、ここで1つ謝らなければ行けません。わたくし、嘘をついておりました。実はこのエントリの中に、何枚かF-01Cではなく、デジイチで撮影した写真が紛れております。どうです?一見して見分けは付かないですよね。ケータイのカメラもここまで来たのか…と驚かされます。ちなみにデジイチで撮影した写真の答えは末尾に掲載しました。

もちろん若干の課題はありますが、そちらはまた別のエントリにて。いまは秋の京都とF-01Cのカメラの進化具合をお楽しみください。

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

デジイチの写真はこちら

あんまりボカしていないものを選びましたが、Webのこのサイズレベルではそこまで大きな差を感じることもありませんよね?え?ある?

でもポイントは「コンパクトデジカメ(コンデジ)」でなく「デジイチ」と比べられるってコトで、ちょっと前までは考えられないことです。携帯の進化はとどまるところを知りませんね。

kyoto kyoto kyoto

最後の鐘のやつはわかりやすかったかもね。