京浜東北線の「オオミヤ」行きと「オオフナ」行きが紛らわしい件

2010/10/07さいたま市(大宮/浦和など)の記事, 自動車・鉄道など乗るもの, 読み物列車・鉄道, 悪いこと

昨日もやっちゃったのでそろそろ何とかして欲しいエントリ。

京浜東北線の北と南の終点である、大宮(オオミヤ)と大船(オオフナ)。一瞬聞き間違える上に見分けも付きにくく、反対行きに乗ってしまうことが多々あるんですけど。特に品川駅。

まずはおさらい

突然ですが、京浜東北線と山手線の関係をご存知ですか。

首都圏にお住まいならご存知かもしれませんが、京浜東北線と山手線は田端〜品川間を並走しておりまして、その区間ではホームを上から見たとき

  • 京浜東北線登り(大宮方面)
  • 山手線内回り(東京駅から見て反時計回り)

↑↓この2番線で同一ホーム

  • 山手線外回り(東京駅から見て時計回り)
  • 京浜東北線下り(大船方面)

という並走ホームになっています。いや、なっていると思い込んでいました。

この場合、例えば東京から大宮方面に帰ろうと思ったときは、京浜東北線上りと山手線内回りのホームに行って京浜東北線に乗ればOKです。

品川駅はイレギュラーだった

ところがです。品川駅だけはこの構造が異なっていたのです。品川は

  • 山手線内回り(東京駅から見て反時計回り)
  • 山手線外回り(東京駅から見て時計回り)

↑↓この2番線で同一ホーム

  • 京浜東北線上り(大宮方面)
  • 京浜東北線下り(大船方面)

このような造りになっていたわけですね。品川だけ京浜東北と山手線が並走しているくせに、ホームの並びが異なっているのです。

加えて行き先である「オオミヤ(大宮)」と「オオフナ(大船)」は聞いて判別しにくく、また漢字も1文字が共通と一瞬見ただけでは判別がしにくい仕様になっております。

さて、この条件がそろうとどうなるでしょうか?

答えは簡単です。急いで京浜東北線のホームに駆け込んで電車に乗ろうとした際、反対側行きの電車に乗ってしまう可能性があるのです。実際昨日もそうでした。え、僕がドジなだけだろうって?いや、そうなんですけどね…。

昨日の状況をおさらい

  • 五反田にいました
  • 大宮まで帰ろうと思いました
  • 五反田から品川まで山手線内回りで移動しました
  • 品川で山手線を降りると、反対側のホームに大宮行きの京浜東北線が入線していました

この時点で思い込みが発生しています。冷静に考えれば山手線内回りの隣に大宮行きが並走していないことをおかしいと思ってしかるべきなのです。しかし急いでいた僕はそこまで頭が回りません。

  • 反対側ホームの京浜東北線=全て大宮行きと錯覚
  • 反対側ホームへ急いで移動
  • 入線してきた電車に何も考えず乗車
  • ホームでも「京浜東北線 大XX行きです」とアナウンスがあったが、XXを聞き取れず
  • 電車出発。気が付くと反対側(大船)へ向かっていた

とまあこんな感じですね。

長々と書きましたが

結局何が言いたいかといえば、ホームの思い込みは良いものとして、とにかくオオミヤとオオフナが紛らわしいのでどうにかして欲しいということです。Twitterで聞いたところ、間違い乗車の経験者が何人もいました。紛らわしいので絶対に良くないはずなんですよ…。どうにかなりませんかねえ、JR東日本さん!?

週刊 東洋経済 増刊 鉄道完全解明 2010年 7/9号 [雑誌]
東洋経済新報社 (2010-06-30)
おすすめ度の平均: 4.5

5 「ビジネスとしての鉄道」の入門書
4 鉄道ファンにこそ、読んでほしい!