デスクワークを円滑に進めるために用意したい3つの意外なもの

ライフハックライフハック

work%2520x%2520work.jpg
デスクワークの大敵といえば、集中力を乱すものたち。人によっては騒音だったり、匂いだったり、震動だったりと色々なものが考えられます。しかしそれらは場所を変えたり環境を選ぶことで(思いのほか)なんとかなるもの。じゃあどうにもならないものは何?と考えると、思いつくのは自分の体です。自分の体(の何か)が原因で集中力を削がれる!というパタンを今回ご紹介するグッズで防ぎましょう。

無意識にやってしまう、「毛抜き」

何か考え事をしている時、無意識に顔自分の顔などを触ってしまう人は意外と多いものです。この時そり残しや、妙なところから生えているヒゲを発見してしまったらさあ大変。その後しばらくはこのヒゲを抜くための格闘が始まってしまうこと間違いなしです。場所もアゴの下から頬、首の回りまで多種多様。中にはそちらに集中力の大半をもっていかれてしまっている方も。このように無意識でヒゲを抜こうとしてしまう人、思いのほか多いみたいですよ。

で、このヒゲ退治も太くて長いやつならすんなりいくわけですが、肌からわずかに出ているもの(つまり短いもの)なんかだとかなり苦戦します。しかもそういったタイプのヒゲのほうが気になります(よね?)。さらにこの短いヒゲは抜けにくい上に、抜こうとする指の爪までダメにしてしまうケースも。

そこで用意しておきたいのが、毛抜きと鏡です。毛抜きと鏡さえあれば、気になるヒゲもワンアクションで退治可能。すぐにデスクワークへの集中を取り戻すことができるでしょう。机の上に常備しておくべきです。鏡がなくても抜けるかもしれませんが、ヒゲが抜ける瞬間って見てても気持ちが良い(変態?)ものなんで、やっぱり用意しておくことをオススメします。コンタクト直すのにも使えるしね。

キーボードを打つたびに気になる爪

これはHHKなどコンパクト系キーボードや、ノートPCなどのフラットタイプキーボードを打鍵するときに感じることですが、爪が伸びていると非常に打ちにくく、ストレスがたまることがしばしば。僕の場合は深爪派なので普通の人より気になっているのかもしれませんが、とにかく打鍵の時に爪が気になりだすと止まりません。

そこで用意しておきたいのが爪切り。職場に爪切りがあれば、こんな場合だって爪を切るだけで解決できます。爪切りがなかったら1日中爪を気にしてキーボードと向き合う羽目になってしまいますよ!ぜひ用意すべきです。ササクレだって大事になる前にさっくり切り取れますよ!

コンビニで売ってますが

今回ご紹介した毛抜き、鏡、爪切りはコンビニや薬局で取り扱われております。ただし毛抜きや爪切りは人によって使い心地の好みにかなり差が出ます。選択には細心の注意を払いましょう。でなければ、かえってストレスを感じてしまう可能性も??

ちなみに爪切りでオススメなのが、「Henckels ネイルクリッパーキャッチャー付 小」。切れ味がたまらない一品です。これを使ったら、もう安い爪切りには戻れません・・・。

Henckels ネイルクリッパーキャッチャー付 小
Henckels ネイルクリッパーキャッチャー付 小
おすすめ平均
stars細かいところの使い勝手が悪い
stars価格には見合わない
stars切れ味はイイ
starsちょっと小さい
stars使いやすい大きさ

Amazonで詳しく見る by G-Tools


追記

働く環境的な話では、こちらのエントリもお勧め。

作業環境を改善せよ さもなくば日本のエンジニアは壊滅する!

とてもはてなブックマークされやすそうなタイトルです(笑

でも、一時期フリーで働いていた人間からすれば、こういった環境には憧れちゃうなぁ。