【超朗報】煮詰めるとはねて汚れる料理も「ざる」で全て解決!汚れない!

様々なテクニック料理, 生活

Translate:

カメラロール-8049

料理が趣味ののりおです。学生時代から使い続けている鉄のフライパンはすでに17年を超えました。

トマトソースなど、煮詰めたいけどはねて汚れるんだよな〜という料理を作るときの、回避策が見つかりました。やっぱりプロはすげえな。

「ざる」を載せるだけの簡単テクニック

水分を飛ばしたいのでフタはできない。でもはねて、料理したあとのキッチンが酷いことに…というジレンマは、誰もが陥ったことがあるのでは。

しかしこんなに簡単な回避策があったんです。引用させていただくと

ここで技をひとつ。トマトソースは煮込んでいる間、結構はねて台所を汚します。ふたをしめれば防げますが、水分がうまく蒸発しません。そこで手ざるのようなものがあれば覆ってしまいましょう。台所が汚れるのを防ぐことができます。

基本のトマトソースの作り方〜プロはなにが違う?〜 | 食育通信 online
http://magazine.shokuikuclub.jp/kitchen/20141103_050018/

て、天才だ…。

この技、トマトソース意外にもかなり使えます。究極な話、油飛びにも対応できますよね。すごいぞ、すごすぎるぞ…。

 

エアロプレイン雑感:こういった技が知りたいのです

別に大層なテクニックは必要無く、こうした「少しだけ生活が楽になるテクニック」が知りたいんですよね。いやー、いいこと教えてもらいました。

なおせっかくなので僕もパスタに関して教えてもらったことのあるテクニックをひとつだけ。ソース系パスタの場合、麺とソースを混ぜすぎるのはNG。すこしまだらになっているくらいが、食べている間に味の変化を感じられて良いそうです。これもほほーって思ったテクニックでした。

 

関連リンク

基本のトマトソースの作り方〜プロはなにが違う?〜 | 食育通信 online
http://magazine.shokuikuclub.jp/kitchen/20141103_050018/

 

なお、ざる=ストレーナーは柳宗理のやつが欲しいです。

柳 宗理 手付きパンチングストレーナー (ザル) 19cm
B0002CETAI

ボウルとバッチリサイズなのがいいよね。あと打ち出しなので洗いやすい。

柳 宗理 ステンレスボール 19cm 311021
B0000DIJ6P