「えきねっと」の運賃・定期代は4月1日以降にならないと改定料金が表示されないので注意

様々なテクニック, 自動車・鉄道など乗るもの列車・鉄道, 生活

Translate:


明日から消費税の税率が変わるということで、社会人は「定期代」に影響が出ますよね。ということで、来月の請求額を調べるわけですが、明日まではJR東日本公式の「えきねっと」を使っちゃダメ(正確には、4月1日の朝のサイト稼働以降に使わなきゃダメ)です。



スポンサードリンク

料金が改定されるのは4月1日以降

えきねっとで通勤定期の値段を調べるには、「ネットde定期」というサービスを使います。

JR東日本:ネットde定期
https://net-de-teiki.com/je/pc/jsp/ATTM010-P.jsp

こちらですが、実は4月1日以降の定期料金は、4月1日以降にならないと表示されません。今日買ったらいくら、というのが表示されているわけですね。なんで、ここで3月31日中に料金を調べて交通費申請を行うと、若干損します。

つまり3月31日から1カ月の料金は出せるけど、4月1日から1カ月の料金は出せないということです。

同じ事はえきねっと全体に言えて、例えば料金紹介では、日付を明日以降にしても、今日の値段が表示されます。

えきねっと(JR東日本)|乗換・運賃案内
https://www.eki-net.com/pc/personal/transit/wb/ekinet-transit/SearchInput.aspx

なんで、「えきねっと」を使って今日のうちに明日以降の料金を調べるのはやめましょう。

 

じゃあどこで調べたら

とりあえずナビタイム使っておけば間違いないです。

地図・ルート検索 – NAVITIME
http://www.navitime.co.jp/

 

他にはジョルダンとか?

ジョルダン 乗換案内・時刻表・運行情報サービス
http://www.jorudan.co.jp/

 

とにかくJR以外のサイトは多くが対応しているようです。なお、対応非対応や情報の正確性については各サイトの注意書きなどをご覧の上、ご利用ください。