【花一】西新橋にほぼワンコインで揚げたてカツカレーが食せる名店があった!

おいしいものだけ紹介します(食全般)カレー, ランチ, 新橋, 虎ノ門

hanaichi

カツカレーが食べたい。でも月末で予算が厳しい。

そんなわがままな希望に応えるサラリーマンの味方が、虎ノ門というか西新橋にありました。「花一」はカレー専門店であり、揚げたてのカツカレーが人気の繁盛店ですが、その価格はおどろきの「520円(税込み)」。この値段で、いったいどんなカツカレーが食べられるのか?早速お店へとうかがってみました。

新橋駅と虎ノ門ヒルズのちょうど中間くらいにひっそりと

20190322-IMG_1993

「花一」の場所は新橋と虎ノ門ヒルズのちょうど中間くらい。路地裏にひっそりとたたずんでいますが、営業中はだいたい大小行列ができていますので、すぐに見つけられるとは思います。

20190322-IMG_1986

こちらがメニュー。ロースカツカレー520円、が輝きます。ほかにもチーズや牛すじという、ああやべーなって感じのトッピングやカレーが見受けられますね。大盛りやダブル大盛りにしたときルーの量がどうなってるかは未調査です。噂では爆盛り系だとか。

なお行列ルールですが、前の人が食券を買ったら自分も買う、というように順番を崩さないようにすればOKっぽいです。

店内はカウンターのみの9席ほど。少なく思えますが、みなさんカレーを食べたらサクッと退店しますので、回転は悪くなさそうです。前列6名に対して10分ほどで入店できました。

広告

妥協無き揚げたてカツとさらさら系のカレー

20190322-IMG_1988

入店後、食券を渡して数分するとカレーが到着。こちらが520円のシンプルなカツカレーです。うおおお、とてもワンコイン系とは思えない。だいたい安いお店のカツって衣と肉がはがれていたりしますが、そんなこともなく。ルーもしっかりと「お店の味」がしています。しかもカツが揚げたてなんですよ。そこまで厚みはありませんが、しっかりとサクジュワー

20190322-IMG_1991

なにより盛りがキレイ。個人的にカツカレーってビジュアルがけっこう大事だと思っていて、その点ではこの「ほぼワンコイン」なカツカレーは合格も良いところです。

ルーはシンプルであっさりめの仕上げなので、途中ソースやスパイスで味変しつつ好みのカレーに仕上げるのも良さそうですね。福神漬けも酸味が利いていてカレーに良く合いました。うーん、これが520円とかすごいな…。

のりおのまとめ

聞くところによると昔は正真正銘ワンコインの500円でやっていたそうですが、520円でも十分に凄すぎる感じですね。800円くらいでこの内容というお店、ぜんぜんありますよ。素晴らしい営業努力に乾杯

ごちそうさまでした。

(追記)
遅い昼時に行くと、完売御礼の場合があるみたいです。夜に再度オープンするかは未確認です。

花一

東京都港区西新橋2-8-2 日欧ビル 1F

花一 – Google マップ