DAY0:エミレーツ航空でプラハ、そして第三の街オストラヴァへ 【現地から】 #チェコへ行こう

2018/10/21チェコオストラヴァ, ドバイ, プラハ, 取材, 飛行機

現在参加中の、チェコ建国100周年と文化にまつわるプレスツアー、DAY0の様子を写真で簡単にお伝えします。

羽田→ドバイ→プラハ@エミレーツ航空

羽田空港を24時30分に出るエミレーツ航空の深夜便で、まずはドバイまで。ドバイの空港はいつ来てもカッコイイですね。トランジットは待ち時間ほぼゼロ、急いでの乗り換えでした。まさか、あんな悲劇があるとは知らず…。

機内でなぜか急にCAさんから話しかけられると、内容は「荷物が載ってません」という衝撃の連絡。

そう、いわゆるロストバゲージです。どうやら2日目のホテルまでスーツケースとは対面できない模様。まじかーーー。

 

プラハの空港では、敏腕アテンダントのヴィートさん(右側)と合流。ヴィートさんにはロストバゲージの件でもいろいろと交渉してもらいました。ありがとう。

プラハの空港からは車でプラハ中央駅まで。その後、鉄道でチェコ第三の街「オストラヴァ」を目指します。

 

プラハ→オストラヴァ@REGIOJET

プラハ中央駅からは、国鉄ではなく民間の鉄道「REGIOJET」にてオストラヴァを目指します。

この駅もほんとかっこいいです。

REGIOJETは黄色い車体が特徴。バスもやってましたね(2017年5月に来たときはそれに乗った)。

 

車内ではチェコ1本目のビールをゲット。ベルナルドのさわやかビールです。

プラハのまわりはすでに秋で紅葉していました。「おばあちゃんの夏」という夏の戻りがあるそうなんですが、それも終えてこれから寒くなるそうです。

オストラヴァの駅。かわいい。

 

ホテルの近くにショッピングモールを発見。ロストした荷物をここで補充します!

さあ、明日もがんばろう。

(to be continued)

 

SpecialThanks

今回の旅行は、航空券、宿泊、移動費、そしてほとんどの食費をチェコ政府観光局に負担していただいております。

Czech Republic –