日本酒バー「たかはし」京都四条烏丸の路地裏にある酒の隠れ家。そばもうまい。

お酒, 京都府(寺社や桜・紅葉)そば, バー, 京都市内, 日本酒

京都で良い感じの日本酒バーに行きたい!と思いチェックしていたお店がいくつかありました。それが「益や酒店」「よらむ」そして今回うかがった「たかはし」です。

ということで、念願叶って訪問できた「たかはし」をご紹介します。これは大変に良い店です。

通り過ぎること間違い無し、な入り口、そして。

こちらのお店、前々から「入り口がとても見逃しやすい」とは聞いていましたが、実際にお店まで行ってその理由がわかりました。目印がほとんど無いのです。

日本酒バー たかはしあるのはビルの階段のところに貼り付けられた、この小さな表札のみ。しかもその階段そのものが狭く、見逃しがちです。事実、僕はこの入り口に気がつかないで3往復しました。

日本酒バー たかはしビルの2階まであがると、また不思議な入り口が。ドアの向こうに引き戸がある…。

日本酒バー たかはしお店は間違い無いようです。

意を決して入店すると、中は8人ほどのカウンターと4人のテーブル席が1つという構成でした。うながされるままにカウンターに座って、この日はスタートです。

 

「あて」がうますぎる、直球ど真ん中の日本酒バー

日本酒バー たかはしこちらがこの日のメニュー。お酒は上段が常温、下段がひやとのこと。なによりつまみが…このラインナップは危険ですね。酒飲みのためのものしか見当たりません。

日本酒バー たかはしまずはキリッと辛口な、日置桜の青冴えでクイッといきます。

日本酒バー たかはしあてには焼き茄子。焼いた茄子が冷やしてあって、生姜でたべるんですが、これが…むちゃくちゃうまい。

日本酒バー たかはしお酒は限られた酒造のものをバリエーション展開していくスタイルみたい。この日は竹鶴の品揃えがすごかった。

名物「そば」は先に確保しておこう

日本酒バー たかはし続いてお酒は天穏の山廃無濾過純米酒にすすみます。

日本酒バー たかはしあてはスズキのお造り。これは…コリコリしていて甘みがあっておいしい。この無造作な感じなのに、良いところだけ持ってきている感じはなんなんだ…。

日本酒バー たかはしさらに天穏の生酛無濾過純米生原酒に。まったりしていてうまい。

日本酒バー たかはししめにはたかはし名物という手打ちそば。おいおい、こんなところでしっかりした香りのするそばが食えるなんて。人気があるらしいので、食べたい場合は早めに注文だけして確保しておくのがよさそう。

ちなみにおちょこはすべてそばちょこ、お皿も骨董品という器にこだわりがあるお店でした。ガラスでついだそばちょことか、はじめて見ましたねえ。

 

のりおのまとめ

ザ・日本酒バーという感じ。雑居ビルの一室ですが、室内は土壁を使ったりして古民家っぽくしつらえてあるのがグッド。やっぱりカウンターが良いので、来るとしたら3人くらいまでかな。お酒は店主と相談しながら探っていくのがベターな感じ。

あ、来る前には電話して空き具合を確認するとスムーズかと思います。席の予約はできないそうです。

 

日本酒バー たかはし

京都府京都市下京区高倉四条下る 京阪ビル 2F
050-5595-5727
月曜定休

たかはし – 四条/バー [食べログ]