赤!朱!紅!巾着田の曼珠沙華500万本は異世界としか言いようが無かった

2017/09/23埼玉県(さいたま市以外), 庭、庭園、花の写真日高市

噂には聞いていたけど、行ってみると、それはそれはものすごかった。という観光地がありますが、今年体験した巾着田の曼珠沙華はまさにそんな感じでした。圧巻の500万本の曼珠沙華が咲き乱れる高麗川沿いは、まさに「異世界」としか言いようが無かったのです。

 

語るよりも見るほうが早すぎる…異世界へどうぞ

曼珠沙華公園 満開

この日は500万本がほぼ満開とあって、圧倒的な赤、朱、紅のものすごい景色に。正直、子供「怖い!」と泣いてしまったほどのど迫力です。

 

曼珠沙華公園 満開

基本的に森の中なので、木漏れ日の中に曼珠沙華が浮かび上がります。

 

曼珠沙華公園 満開

同じ形に見えますが、微妙に個性がある花たち。

 

曼珠沙華公園 満開

ちなみに正式名称をヒガンバナといいます。実はこっちが俗称かと思っていました。別名リコリス。そうだったのか、ハーブティーでたまに見かけていました。

 

曼珠沙華公園 満開

有毒のため、植えられている場所にはさまざまな意味があるとのことです。動物に在らされたくない場所全般がそれにあたるそう。

 

曼珠沙華公園 満開

一方で解毒をした後に非常食的な使い方もあったようで、基本的に人が住んでいた場所に植えられていることが多いのだとか。

 

曼珠沙華公園 満開

しかしながら、この巾着田の曼珠沙華は、人為的なものではなく、偶然によるものという説が濃厚であるよう。本当のところは誰にもわからないみたいだけど。500万本ってのはもはや想像の域を超えます。

 

曼珠沙華公園 満開

どこまでいっても曼珠沙華。ヒガンバナ、リコリス。茎の緑と花の赤のコントラストがまぶしい。

 

曼珠沙華公園 満開

時折背伸びした目立ちたがり屋がいるので、そこにピントを合わせると良さそう。

 

曼珠沙華公園 満開

撮影スポットとしては誰が撮っても赤一色になるので、オリジナリティを出すのが大変です。

 

曼珠沙華公園 満開

蜘蛛の糸と共演。

 

曼珠沙華公園 満開

いろいろと曰く付きの花ですが、この色も一役買っているのは間違い無いでしょう。

 

曼珠沙華公園 満開

ちなみに500万本の中に少しだけ白い品種が。こいつもヒガンバナなのかどうかはちょっと不明です。

 

曼珠沙華公園 満開

ある場所にだけ咲いていて不思議。

 

曼珠沙華公園 満開

紅白は縁起物、なんだろうけど、ここはどうなんだろう。

 

曼珠沙華公園 満開

赤、白、緑、黒。不思議な画面になりますね。

 

曼珠沙華公園 満開

木漏れ日のあるところとないところでは不思議と色が違って見えます。

 

曼珠沙華公園 満開

ここまで赤いと、子供が泣くのも、まあ理解できなくはないです。

曼珠沙華公園 満開

形も虫みたいだし。

 

曼珠沙華公園 満開

ちなみに満開ということもあって、そこそこの人出でした。同時にお祭りも開催中でたくさんの出店が。

駐車場に限りがあるので「混雑」と言っても下手な超メジャー観光地よりはマシだと思います。

 

曼珠沙華公園 満開

天皇陛下も訪問されたということで、これからもっともっと人が来そうですね。

 

エアロプレイン雑感

あまりに異世界感があるので、コスプレイヤーの方々もよく見かけられました。この異世界は一度体験しておくのがいいと思いますよ。

 

巾着田の曼珠沙華

日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ