Lightroomは公開範囲ごとにFlickrの公開サービスを作れば良かったのか!という気づき

Lightroom現像テクflickr

Adobeさんのプログラムにて、Lightroomを含むAdobe Creative Cloud を1年間試用させていただいております。

さて、このところ絶賛Lightroomが無いと写真が公開できない体になりつつありますが、Flickrをヘビーに使う僕にとって、またまた重要な発見がありましたので簡単に紹介しておきます。公開サービス、便利すぎるだろ…。

同じサービスの「公開サービス」は複数作成が可能だった

お前は何を言っているんだ、と言われそうな見出しですが、実際そうなんだから仕方が無い。

Lightroomでは、FacebookやFlickrと連携する機能として「公開サービス」というものを備えています。で、写真を公開したいサービスごとにこの「公開サービス」を作るわけですが(ああややこしい…)、試してみたところ、例えばFlickrについての公開サービスを複数作ることが可能でした。

2013-11-06_1941

これはすなわち、公開範囲や署名の有無、圧縮の有無など、公開に関する設定をそれぞれの「公開サービス」ごとに保持できるということです。これは便利すぎるぞ…!

セット内での公開・非公開さえもコントロール可能

しかもですよ、例えばFlickrの例の場合、例えば全体公開の「Flickr公開サービス1」と限定公開の「Flickr公開サービス2」を作っておき、それぞれで同じ名前のフォトセットを作ると…しっかり同一フォトセット内で公開・非公開がわかれてアップロードされておりました。賢すぎる!!!

こうして使ってみてわかったのは、Lightroomには「やってみないとわからない、でもやってみたらだいたいできる」ってことが非常に多いってこと。もっともっと事例がWebに上がってくると嬉しいなあと思いました。だから僕らのようなブロガーにプログラムでLightroom提供してくれているのだろうけど。

ということで

Flickrではセットを細かく作って繊細に管理している!という方には、Lightroomはますます相性が良すぎる!ぜひ使ってみて欲しいですね。

なおFlickrはUIが変ったことで、一覧性が著しく低下しました。セット内に放り込む写真はなるべく少なくして、セット数を増やしていく方向で管理すると幸せかもしれません。

過去の記事など関連リンク

[A] flickrユーザー必見!Lightroom5との連携は「差し替え」がとっても便利!

[A] Lightroom5.2にてFlickrのプラグインが壊れた!→新しく公開設定しなおせばOK

 

Adobe Photoshop Lightroom 5 Windows/Macintosh版 乗換え/特別提供版
by カエレバ