CAMPFIREは良いサービスだけど、ここが不親切なんで助けて欲しい!

2013/05/30読み物web

2013-05-30_2200

いつもお世話になっているCAMPFIRE。パトロン側でもありますし、募集側(プロジェクト投稿者)でもありますので、色々と使っていて思うところがあります。

中でも、どーーーーーーしても再考願いたいところがあります。それは、メッセージのお知らせメールについてです。

CAMPFIREってなによ?

CAMPFIREは、簡単に言えば資本提供者の募集サービスです。例えばある製品を作りたいとして、それを100個つくるには100万円必要だとします。そんなとき、1個1万円と仮定して、100人の支援者が集まればこれを作ることができます!というのがCAMPFIREです。つまり先にお金を払う人が○○人あつまって、○○円達成したら実行します…というサービスです。

このサービスが芸術系ですとか、とんがったプロダクトと相性がいいんですよ。なんせ、製造側のリスクが少ない。作る人、欲しい人、お互いがWINWINになれるのがこのCAMPFIREです。

なぜ概要だけなんだ

CAMPFIREのプロジェクト投稿者の立場の機能として、メッセージというものがあります。これはパトロン(支援者=資本提供者)さんに対してお知らせをする機能です。熱心なプロジェクト投稿者ほど、こまめにメッセージを送ります。

これ、パトロンからすると読むのがめんどいのです。

ぶっちゃけますと、CAMPFIREって、毎日ログインするサービスでは無いと思うのです。新しいプロジェクトがメールやSNSで流れてきて「投資してもいいな」と思ったらログインしてお金を払う。そんなサービスだと思うんですよ。

でもね、メッセージは違います。自分が支援したプロジェクトのメッセージを読むために、毎回ログインしなければならないんです。これもぶっちゃけますが、苦痛です。メッセージはあくまで「支援してくれてありがとう、こんなことをお知らせしますよ」なんです。でも、その熱意は、支援者とはかみ合いません。なぜなら、支援者はメッセージを読むためにログインしなければならないから。メッセージの魅力 < ログインめんどい、が成立するんですよ、残念ながら。

でもね、メッセージを受け取りたくないわけじゃないんです。自分の登録メアドに「新着メッセージがあります」というお知らせがくるなら、そこに全文載せてくれるだけでいいんです。なぜ、支援している側がめんどくさい作業をしなければならないんですか?それってCAMPFIREの「PV増やしたい」という都合でしかありませんよね?(きつい言葉ですみません、でも、多くの人が思ってますよ)。メールに全部載っていれば、スマホでも全部確認できるんですよ。どんな環境でもいいんですよ。出先でお知らせメールだけ来た時の、あのめんどくささ。なぜメールに載せてくれないの?

だから解決は簡単なんです。メッセージのお知らせメールに全文載せてください。お願いします。芸術家のJRを支援したとき、毎日のようにメッセージのお知らせがきて、疲れてしまいました。自分がプロジェクト投稿者になったとき、それを思うとメッセージ出しにくいです。

僕はCAMPFIREにもっともっと大きくなって欲しいし、便利でみんなが喜んで使うサービスになって欲しい。だからあえていいます。再考してください。よろしくお願いします。

深夜にこっそりアップしていますのでこの記事にどれだけ「いいね」が付くかはわかりませんし、どれだけ共感されるかわかりませんが、大なり小なり、それが利用者の思いです。良いサービスだから、ぜひそこは…。お願いします。

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)- クラウドファンディング

 

2013/05/30読み物web

Posted by norio nakayama