Home // 旅行記事 // UAE // チェコへの旅はエミレーツ航空でまず羽田からドバイまで。Wi-Fiもあって機内食も満足! #visitCzech #チェコへ行こう

チェコへの旅はエミレーツ航空でまず羽田からドバイまで。Wi-Fiもあって機内食も満足! #visitCzech #チェコへ行こう


チェコ政府観光局企画の取材で、チェコへと向かいます。今回の旅は「プラハ以外をめぐる旅」ですが、とはいえ飛行機はプラハへ向かいます。

実は日本からチェコ(のプラハ)へは直行便がありません。いくつかの大手航空会社のトランジットあり路線を利用して向かうことになります。今回選択されたのは…エミレーツ航空。サッカーファンにはおなじみのこの航空会社、利用するのは初めてです。

ざっくり言うと「オリエンタル感満載、最新機材と普通においしい機内食で満足」という感じです。



スポンサードリンク

ドバイ経由でチェコへ飛ぶ

さて、今回の旅では羽田空港を出発地としまして、エミレーツ航空を使い、ドバイ経由でチェコのプラハへと向かいます。羽田ドバイ便は0時30分発の超深夜便。機上の時間は約17時間。中東を通るルートは若干の遠回り感がありますが、今をときめくドバイに向かうというのは、少しテンションがあがります。

そして、そこは世界のエミレーツ。リッチな機材とエキゾチックな雰囲気、美味しい機内食が長旅の疲れを和らげてくれるわけです。

今回は羽田出発。最初にドバイまでで乗ったのはこちらB777-200LR。海外旅行ではお馴染みの飛行機ですね。前方がファースト/ビジネスクラスで、後方がエコノミーです。今回はもちろんエコノミー。本当はアップグレードしたかった(笑

機内の基本カラーは赤でエキゾチックな感じですが、睡眠時間になるとこのように星空モードへと変わります。なかなかかっこいい。よくみると穴を空けて光がダイレクトに漏れるようにしてあるだけでしたが、気の利いた工夫だなと思いました。

 

気になるアメニティも紹介しておきましょう。かわいい柄のポーチに入っていたのは、歯ブラシ、耳栓、アイマスク、ソックス。ターキッシュまでではないですが、かなり豪華ですね。何度もいいますが、エコノミーです。
エンターテインメントシステムは標準的。

さすがに最新式ではないですが、USB充電ソケットとACがあって必要十分です。注意点としては、今回乗った飛行機では、通路沿いの席にACがありませんでした。

 

冊子として機内で楽しめる映画のリストがあるのは便利。こういうときは、やっぱり紙です。

 

アニメのラインナップがなかなか面白い。

 

機内はWi-Fi完備

さて、エミレーツの機内は基本的にWi-Fiが完備されているようです。

いろいろな注意書き。B777の場合は最大で1〜2Mbpsくらいは出るとのこと。最新型であるA380は1Mbpsでないとも書いてあって、これは定員に関連しているのかも?

 

OnAirというSSIDに接続して、メアドを入力し、認証すると利用が開始できます。2時間まで/最大10MBコースは無料。なんで、出発直後や到着直前にサッとメールだけ読みたいみたいな人は、無料で足りちゃいます。

では有料はというと、時間無制限、最大500MBでたったの1ドルになります。途中、中国上空などでネットに制限がかかる場所もあるため、この値段は妥当かつこれならつながらなくても文句は言えないかな。絶妙だと思いました。同時接続機器は1台だけなので、たとえばスマホからPCに接続を変える場合は、一旦スマホの接続を切る必要がありますのでご注意を。認証はChromeよりもSafariのほうがうまくいってましたので、参考まで。

またこれは小技なのですが、画面上の電波マークをタップすると、現在の接続人数が表示されます(画像だと35人)。電波マークは電波の強さでは無く、同時接続数による速度の状況を表しているようでした。

なお前述のとおり中国など特定の国の上空では接続が制限されるため、ルートにもよりますが、数時間は使えないタイミングがあることをお忘れ無く。日本発にしろ、ドバイ発にしろ、有料にするなら出発直後が正解です。

機内食は標準+くらいで満足できる

最後に機内食も紹介しておきますね。エミレーツの機内食はおいしいと聞いていたのでけっこう期待していました。羽田を出発して1時間弱で提供されたのがこちら、タジンです。チキンはやわらかくて普通においしい。パンは山崎パンと日本積み込みの安定感を感じます。全体的に奇をてらわない味付けで好印象。お水はドバイ印のものでした(採水地は不明)。ちなみに食後には緑茶のサービスあり。これはうれしい。

 

一方で朝食はこちら。中華がゆを選択しています。こちらも普通に美味しく食べられる味です。さっぱりしていてありがたい。パンは同じく山崎パン、ヨーグルトは明治ブルガリアと安定感ありまくり。エミレーツの機内食は好印象ですね。

 

そんなこんなでうとうとしたり起きたりを繰り返していると、ドバイに到着。ここで2時間弱のトランジットの後、プラハへと向かいます!次は最新機種のA380に初めて乗れるようです。
なおドバイではエミレーツ航空さんのご好意で、ビジネスラウンジを使わせてもらう予定です。これも引き続きレポートしていきますので、お楽しみに。

エアロプレイン雑感

はじめての中東の航空会社でしたが、さすが噂の通りにスマートな運営で快適でした。Wi-Fiも利用制限地区を除けばぼちぼち使えていた印象です。

エミレーツ航空、いいじゃない。今後は旅の選択肢に間違い無く入ってきそうです。

 

エミレーツ航空

エミレーツ 日本 | フライト予約、ホテル・レンタカー予約

 

 

スペシャルサンクス

今回のツアーを主催してくださったチェコ政府観光局、我々を受け入れてくれた各都市のガイドさん、ホテル、各施設の方々に感謝します。 Czech Republic – 旅費、宿泊費、食費、アクティビティ費をチェコ政府観光局に負担いただいております。公開される記事はブロガーの主観にまかされています。   また現地での回線を提供してくださったグローバルWi-Fiさん、スーツケースを提供してくださったレンタルサービスのアールワイレンタルさんにも感謝します。僕の旅では欠かせないコンビです。 海外WiFi レンタル | 海外WiFiならグローバルWiFi スーツケースレンタルは日本最大級の【アールワイレンタル】




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA