Home / 雑学/ニュース / 読み物 / ライフハック / コンビニでプリンを買ったらスプーンがマッチしなかった時の必殺技

コンビニでプリンを買ったらスプーンがマッチしなかった時の必殺技

このところのナチュラルローソンには、全国のマニアックだけどおいしいプリンを売り出す企画が走っておりまして、それはもう毎週楽しみにしております。

が、これらプリンはちょっと個性が強くて、中にはこんな複雑な瓶で売られているモノも。この瓶が悲劇を巻き起こします。



スポンサードリンク

届かぬスプーン。入らぬスプーン

そもそもローソンでは、スイーツ類を買ったときに「小さい透明のプラスプーン」か「白い大きなプラスプーン」のどちらかを付けてくれます。プリンだと前者がおおいかな。

ところがですよ、今週売り出されていたこのプリンの容器は、そのどちらのスプーンでも食べることができません。

大きなスプーンはくびれのところを通れず、小さなスプーンは底まで届かず。おいおい、いったいどうしろと?

 

プリンの賢者いわく

ここで知恵を貸してくれたのが、プリンの賢者です。賢者いわく「柄で食べるんですよ」とのこと。

なるほど!確かに柄なら下まで届くし、すくえる量は少ないながらも食べ進めることができます。さすがプリン賢者や…。

ちなみに他のアイデアとしては、ストローで吸う、シェイクして飲む、瓶をカットするなどなど、様々な意見を色々な方からいただきました。

とりあえず今後は柄を使って食べていけば、今回のような悲劇を防ぐことができそうです。

 

エアロプレイン雑感

とりあえずですね、せめてコンビニ売りのプリンは複雑な瓶のものを避けたらいいんじゃないかと思いますよ。

 

ちなみに問題となった「なよろプリン 大地」は610円もしますが納得のおいしさでした。

 

なよろプリン

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA