モノ・マガジン 3月16日号が「働くクルマ」特集で燃え萌えだぞ!

2014/12/21書籍(含むコミック), 自動車・鉄道など乗るもの

Translate:


The 43rd TOKYO MOTOR SHOW 2013

クルマが大好きです。働くクルマはもっと好きです、のりおです。トミカでも集めるのは働くクルマばかりです。

そんな僕にざっくり刺さったのが、いま発売中のモノ・マガジン。そう、働くクルマ特集です!



スポンサードリンク

働くクルマが次から次へと!

これ、その筋の人にはたまらないっすね。

さらっと中身を紹介しますと、まず出てくるのが、冒頭の写真のトラクター。フェラーリのデザインも担当した日本人、奥山さんがデザインしたヤンマーのアドバンスドトラクターです。

次に紹介されるのが、馬ならぬトラクターで行うばんえい競馬(笑 なんだれこれ(笑

さらにはトラクターの赤の系譜。赤は燃える。赤は美しい。やっぱりトラクターは赤だ。

 

そしてウニモグも登場。もはやなくてはならない働くクルマです。メルセデス・ベンツの最高傑作です。アタッチメントを組み替えることで様々な働く車になるなんて、最高です。ちなみにおもちゃ系ではレゴテックがオススメ。

 

さらに世界最大級のダンプ「コマツ 930E」の登場です。知らなかったんだけど、コマツの本拠地である小松市のミュージアム「わくわくコマツ館」に行けば展示がみられるとか。なんだそれ!小松市行きたくなってきたよ!

ケンケンキッキファクトリー|わくわくコマツ館|こまつの杜
http://komatsunomori.jp/komatsukan/index.html

 

ほかにも軌陸車、アスタコ、油圧ショベル、各種建機など、もうね、働くクルマばかりですよ。熱い、熱いよ、熱すぎるよ!

そしてトミカへ

終盤、さらにガツン!ときたのは、トミカの特集があったからですよ。もちろん主役は、トミカ界のタチコマこと「かにクレーン」!!!うちのブログでも何度か紹介済みです。

[A] トミカ「前田製作所 かにクレーン」が攻殻機動隊の多脚戦車っぽくてグッとくる | エアロプレイン
http://airoplane.net/2013/02/04/tomica-shell-crane.html

やっぱりカニクレーンだよなあ。トミカの担当者もお気に入りの一台だそうです。ああ、トミカも取材行きたいなあ。

 

というわけで

その後もビッグホイールなど、もうね、イメージする働くクルマはだいたい押さえてくれている感じ。うーん良い特集だ。これは保存版としてもかなりよさげ。働く車LOVEなら、この雑誌は買っておいても損はない!